会社概要 About Us

代表者挨拶

 

 JTECPCのディレクターの西島伸一朗と申します。弊社がまだ2年程度の若い会社で歴史が浅いので、代わりに代表である、西島伸一朗の経歴と事業内容、今度のJTECPC.CO.UK.LTDの展望をを説明いたします。

 

 法政大学の二度目の4年生の後期に、私は2004年北京に語学留学をしました。かぎりある学費の問題もあり、一年間だけ北京にいるつもりでした。前年度の2003年に中国でSARSという重症呼吸器感染症が流行り、中国は危険な国と思われていました。

 

 当時は就職氷河期といわれ、出来ることなら日本に戻りたくないと思っていました。SARSの影響下、通常であれば高倍率の文科省認定の生活費、学費込の奨学金が当時学力の低い私であっても、比較的簡単に就学金の試験に受かりました。

 北京電影学院、電影研究所で修士課程を取得しました。そのまま北京でテレビの制作会社に就職したいなと思っておりましたが、中国語を一緒に勉強したイギリス人の彼女と卒業を機に結婚して、2007年9月にロンドンに来ました。

 

 私は中国語は当時はかなりできましたが、英語はぜんぜんできなかったため、最初のロンドン生活の一年間は、日系のスーパーでバイトしたり、魚の輸送を手伝ったり、現地のセカンダリースクールの食堂で皿洗いをしたり、レストランで働いたりしていました。その間も、語学学校で英語の勉強を続けていました。

 

 2008年からアクトンにある日系の不動産屋で働きはじめました。その後2009年にリダックストラットンズ(当時のJACストラットンズ)という不動産屋で働き、中心部のノッティングヒル、北部のフィンチェリーを担当いたしました。

 その後一年ほど大手商社の総務部で、オフィスの移転作業を手伝った後、リダックストラットンズに再び戻り、西部のイーリングを担当しました。

 

 2019年9月に退社し、Japan TEC Property and Cleaning Service limited として独立いたしました。

 

 

事業内容

 

 2019年会社創業時は、Fantastic Service のカーペットクリーニングのファンチャイズ権利を買い、仕事をもらいながら、不動産管理もするというビジネスをしていました。

 カーペットクリーニングの仕事をしていると、カーペットの汚れを気にされるのは富裕層であり、そしてそれには、新興の中国人も含まれるというのがわかりました。10年以上前に北京で住んでいた私にとって、この十年間の中国人の生活の変わりぶりに、驚愕しました。ほとんどがイギリスの中国人留学生で、モダンな築浅のフラットに住んでいらっしゃいました。

 日本のお客様はもともと汚さないということもあるかもしれませんが、カーペットクリーニングの需要は退去のクリーニングを除いて、ほとんどありません。

 薄利な割には、仕事量が多すぎるという事情と日本のマーケットとあまり良い組み合わせではないカーペットクリーニングに見切りをつけ、2020年に、フランチャイズの取得した権利を返上し、現在のリロケーションサービス、不動産管理に完全にシフトしました。

 

コロナ中の事業展開とロンドン不動産業界の変化

 

 

 2020年3月に中国の武漢で始まった、コロナが世界的に広まり、そしてイギリスで変異型(アルファ株)になったのは、同年11月頃とされております。実は私、嫁、そして娘は2020年3月後半にはすでにコロナにかなり早い時点で感染して、一週間近く自宅待機で、一日だけまったく動けないという状態にはなりました。

 

 その後は比較的順調に生活をおくりました。ただ私も、嫁も自宅から働き、娘は家でリモートで勉強するという状況は、精神的に健康であろうとい取り組みに意識的に望みました。当時は、家族で決まった時間にリージェントパークに散歩にいったり、みんで短い瞑想をしたり、家訓を読み上げたりなど、無理に規則を決めていました。自由すぎるのが逆に負担になったための反動だったように思えます。

 パンデミックのため、日本に帰国される方が多くなりました。留守中の物件の管理、ロンドンに戻ってこれなくなるかたのために、お荷物を倉庫に預けたりをすることが多くなりました。かなり危険な中を公共の交通機関を使って、移動しなければならないこともありました。

 

 

 2021年10月に社名と事業内容が合わなくなり、カーペットクリーニングのサービスはほとんどしなくなったため、会社名をドメイン名と合わせ、JTECPC.CO.UK.LTDに変更しました。ライトクリーニング(ホコリ取り、掃除機がけ、カウンターの拭き掃除、バスルームの簡単な掃除)だけは、このパンデミックの間、長時間不在になられるテナント様が多かったので現在でも行っており、一応CleaningのCは残ったままになっております。

 

 

 この三年間、ロンドンの不動産業界は様変わりしたが、主に3点変わったように感じております。

 

  1. 物件の購買に関しては、取引が極端に減りました。
  2. 賃貸物件のリモートでの内覧が加速した。
  3. 2019年6月から不動産屋はテナント様から契約手数料をチャージできなくなったため、大家の代理人としての立場が明確になった。

 

 リモートのでの内覧は2021年10月の現時点では、かなり普及しておりますが、当時はそうではありませんでした。理由は3点ほど挙げられると思います。

 

    ①.大家、お住いの方のプライバシーの観点から

    ②.物件を肉眼で見ないと不動産屋が責任を取り切れないと考えていたこと。

    ③.テナント様が肉眼で物件を見たがる傾向にあること。

 

 しかしパンデミックはこの三つを良い意味で覆しました。

 

①に関しては、リモート内覧の際、お住いの方がいらっしゃらないときのほうが多くなりました。すでに物件が空いている、または契約が続いていても退去されている状態が多く、ライブチャットで内覧できるチャンスが増大しました。また家主はできるだけ内覧のチャンスを増やすため、リモート、実際足を運んでの内覧を区別しなくなりました。

②に関しては、私が不動産屋で働いていた時もそうでしたが、リモートでの内覧と実際に肉眼で内覧すると印象が異なり、契約締結後に、テナント様が物件を肉眼で確認し、印象と異なるということで、クレームが発生した場合、不動産屋が対応しなければなりませんでした。そのため、不動産屋がリモートで契約の締結を行うことを避ける傾向がありました。しかしながらテナント様側も実際に時間をとって、物件を直接探すリスクがパンデミックのため、増えてくると利害が一致してきているように思え、リモート内覧が普及しました。不動産屋によっては、このクレームに対応するため、物件を見ていない場合、契約してもクレームしないという権利破棄書に署名する場合も多く見えます。

③に関しては、テナント様は直にロンドンの不動産屋にいらっしゃって、時間をかけて賃貸物件を見つけるというスタイルが煩わしいとやっと気付く傾向になっていったように思えます。契約を締結、送金するのに5日間から14日間がかかります。家主も物件の清掃、メンテナンスのチェックがあり、二、三日で入居は無理な場合がほとんどです。しかしながらリモートのライブチャットで、物件や、お子さんが通われる学校の相談、内覧をされることで、日本にいながら、渡英に合わせ、契約書のチェックや、送金ができるメリットのほうがデメリットを上回っているようになっていたのかと思います。

 

 

企業理念

 

  • 搾取されないため、テナント様の最大限の利益の追求をする
  • 双方への交渉を通じて異文化間の衝撃を和らげる。
  • 個人企業だけができる細やかなサポートを提供する。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。