ロンドンの個人事業主の徒然な日記

成績を上げる営業について-賃貸物件の実践から学ぶ-①クライテリアの判断

 英国で賃貸不動産の営業になって早、十年が経ちます。私はもとも北京で文科省の推薦奨学生として映画学を勉強し、修士も卒業して将来は映画研究か批評でもできればと考えていたのに、英国で営業員になってしまいました。

 そんなわけで私は体育会でもなければ、コミュニケーションももともとイマイチでバリバリのナチュラルに営業ができる人材ではなかったわけです。しかしながら実践を通じて営業員になり、昨年度はトップの営業員になりました。つまり私は先天的な才能はなかったのですが、後天的に営業員になったということです。

 今回は営業の賃貸不動産を売るノウハウ、心構えを伝えればと思います。英国の賃貸での営業が、普遍的なものとは思えません。しかしながら実践での経験はなんらかの営業的な共通点もあるかもしれません。

 自然に営業成績を上げらる人は、大変凄いですし貴重な人材ではありますが、言ってみれば天才です。凡人にはやり方をまねるのは難しいと思います。私は凡人ですので、営業の成績が上がらない理由はわかります。なぜなら私もそうだったからです。凡人だからこそ、分かる営業のノウハウを伝えればと思います。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。