に投稿 コメントを残す

日本って変な国、悪いところワースト5ー日本に5年ぶりに帰ってー  5worst things about Japan-

   最初から弁解しますが、日本は大変よい国です。大好きです。前回、前々回を使い日本の良いところを書きました。今回は逆に日本を五年離れて、不便な国、ここはまずいでしょ、他の外国と比較してと思ったところを書いていきたいと思います。

 

5位 ビールの味がまだまだ

beer-2439237_640

 ここ5年ぐらいで、欧州ではビールの味が進化を遂げました。ラガーのみならず、ノンアルも大変進化しております。ただ日本で一番うまいとされるビールを何本か飲みましたが、英国、アイルランド、ドイツ(地ビールのみ)と比較すると、そうでもないなといのが実感です。

 日本のビールは飽きがこない味だからいいんだとおっしゃるかたもいるかもしれません。ただその飽きがこない味が、すでに欧州では進化しているのです。何本かおすすめあがありますが、日本で購入できそうなのは、スコットランドのパンクIPAがありますので、とりあえずこれをキンキンに冷やして飲んで見てください。

 パンク IPAのことに関しては別のブログで書いたことがありますが、比較的新しいスコットランドの蒸溜所ですが、クラウドファンディングで大きくした会社です。フルーティーながら、味があり、アルコール度がきついため、ガツンと飲めます。

 日本のウィスキーはうまいですが、現在原酒不足で値段が高騰してます。しばらく日本は日本酒に期待するしかないです。

 

4位 赤ちゃん用品がコンビニで買えない

 そんなもん、薬局で買えやという、ツッコミはわかりますが、ある程度発達した国に住んでいる外国人はコンビニで帰るもんだと思ってます。確かに少子化の日本にとって赤ちゃん用品がコンビニでは売れないのはわかりますが、オムツと粉ミルクぐらいは買えた方が良いと思いました。たいへん不便です。

absorbent-3509508_640

 

3位 レストラン、喫茶店での喫煙

 いや、もうありえんでしょう。やめれば?レストランの分煙も。私はかつて喫煙者でした。2003年、成田、北京間の飛行機内でたばこをぷかぷか吸えた最後の世代かもしれません。そんな思い出話を2019年、令話元年の日本で話すことになるとは。いや、もう世界のスタンダードから逆走しています。レストランでは分煙は確実に、全面禁煙もおしすすめないといけないと思います。

 ただ逆に外の喫煙はもうすこし条例を緩和してあげたほうがよいかも。禁煙者にとって、勝手に外で吸っているのは関係ないですが、同じ空間で吸われるのはたまったもんじゃないです。僕は一人なので特に気にしませんが、5年前に博多の喫茶店に当時3歳の子供と入って、注文も終わった時に、この喫茶店が全面喫煙化ということがわかり、その喫茶店から朝食を食べ終えるまでの間、子供に大変迷惑をかけました。

smoking-3954750_640

 

2位 みんな民放、NHKを見てる

 もう見るのよくない? 日本人はテレビ見すぎ。私は田舎の出身だから顕著なのかもしれまえんが、こんだけユーチューブもネットフリックスもあるのに、広告がたくさんで、情報操作の激しいメディアをよく見るなと、思いました。車のワンセグもそうだし、サウナのテレビもそうだし、いやテレビだらけ。NHKに年間14000円も払うぐらいなら、その古いスマホを買い換えて、せめて2年前ぐらいの型にしたほうがいい。古いスマホを使っているひとも多すぎ。値段が高いのはわかりますが、最新の技術がどんなものかわかっておいたほうが良いと思いました。

 

children-403582_640

 

1位 雰囲気がまじで悪い

 お仕事、家庭で大変ですよね。みんなどんよりしているのは、地下鉄、JRを乗っていても、わかりました。ちょっと前までならコンビニのイートインでお酒を飲んで、居酒屋のようにしゃべっている上司と部下が説教をしていました。活気がありました。ただポケモンGOのレイドをやっている人たちをみても、話しかけてもシカトされる。この雰囲気が重い。ロンドンならポケモンやっている人ならすぐに仲良くなれますよ。

 商品の値段表記がよくない。値段ー消費税、軽減税率のせいで、税込の価格が記入できない。そのためレジにくと、「意外に高いな」ってへんな印象が後出しじゃんけんでついてくる。

quarrel-2450680_640

 

 今回はサクッと日本のよくないことを書きましたが、前回の日本の良いところベスト10に書けなかった、日本の良いところを次は書いて見たいです。



広告
に投稿 コメントを残す

日本の良いところベスト10ー日本に5年ぶりに帰って Vol 2(後編)ー Top 10 good things about Japan-Top1 to 5

 5年ほど日本に帰ってなくて、やっぱこれはいいな、新しい発見を前回からランキング形式でお伝えしています。今回は考えに考えた日本の良いところベスト5をご紹介します。

 

5位 ウォシュレット

  日本人の肛門がいかに国内においては保護され、快適で清潔を保たれているかは、か海外という野蛮でアウトローなトイレット生活をしなければわからないと思います。北京、ロンドンと海外生活が15年近くになり、その間、痔で悩まされています。

 今回も実家近くの病院で見てもらい、治療を受け、さらにどこにでもあるウォシュレットにも助けられながらだいぶよくなりました。携帯用ウォシュレットは買いましたが、うーんやっぱイマイチ。

  ウォシュレットなんか海外でも設置できると広告ではありますが、特に英国は日本のような軟水ではなく、硬水ですのでノズルが簡単に水垢で詰まりメンテナンスが大変です。家全体を軟水にする装置も必要になり、コストが高い。このノズルの詰まり問題を解決するか、ノズルを簡単に交換できるようにするようにできるかが、ウォシュレットの海外進出の課題かと思われます。

bathroom-691341_640

4位 日本の医療制度

 日本の医療制度がベストとはいいません。英国の医療制度がベストともいいません。ただ比較的日本の方が良いと思います。英国では歯科以外は基本的に無料ですが、専門的な病気になると、近くのGPとよばれる町医者と予約をとって、さらに紹介状を書いてもらって専門家の医者に診断をもらうのに二段階必要。さらにその予約がとれるのは1ヶ月先やらで、大変です。緊急の場合は、緊急病棟にいけますが、3時間待ちは当たり前、三時間も待ってたら、熱なんかは引いてしまって変な感じになります。

 日本では、若干の負担額はありますが、待ちの時間が人気の病院でなければ基本的には短い。ただ病院は、負担額を増やさせようと、無意味にMRIやらレントゲンやらをやらせるので、そこもどうかとは思いますが、善良なお医者さんもいらっしゃいますね。

 腹筋ローラーで2年前に、左手首を損傷して、英国ではめんどくさかったので、日本で検診しようと思って、今回実家近くの整形外科に見てもらいましたが、2年前なら、レントゲンの必要なしということでレントゲンはしてもらえませんでした。専門家が意味がないというならそういうことなんでしょう。

blood-pressure-monitor-1749577_640

3位 ミスタードーナツ エンゼルフレンチ

 至福です。俺たち幸せだったんだなと、普段からミスドに行ける幸せを感じて欲しいです、日本人!クリスピークリームやドムドムではやはりダメなんです。 本家アメリカのミスドは1990年にダンキンドーナッツに買収され、日本でガラパゴス的に存在するドーナッツのファストフード店。ほんのり甘いけど、甘すぎない生クリームと、チョコレートのハーモニー、エンゼルフレンチ最高!!そして海老グラタンや、ソーセージロールなどの生バリー、惣菜パンも注文でき、そしてシンプルな昔ながらのブレンドコーヒー。日本のの宝。

20191201_095229

2位 スーパー銭湯

 公衆浴場でありながら、付加的にサウナ、水風呂、さまざまな種類のお風呂を提供し、健康センターと、銭湯の中間的な施設。ウィキペディアによると1985年富山県高岡市で開業した「万葉ポカポカ温泉」(2011年廃業)がスーパー銭湯のさきがけとされる。よくここには子供の時に行きました。ただ今回行った、高岡の「陽だまりの湯」も巣鴨の「さくら 染井温泉」もそうですが、万葉ポカポカ温泉よりかなり洗練されていて、有馬の高級温泉施設の一角を借りているような、そんな感じでした。日本の宝だと思います。ただオリンピックに向けて、海外の人がくるとなるとタトゥー、刺青のかたが入浴できないのは、若干問題ありかも。

 animal-3892154_640

さくら染井温泉(東京 巣鴨)

http://www.sakura-2005.com

陽だまりの湯(富山 高岡)

http://hidamarinoyu.com

 

 

1位 実家の朝食

 小鉢に入った、きんぴらごぼう、おから、味噌汁、小さなお茶碗に入ったごはん、昨晩の残りもののおでん。母さん、ありがとうございました。4品も、ごはんと合わせられるって、幸せすぎる。もちろん富山のお米もうまいです。

 

food-1257320_640

 次回は日本に5年ぶりに帰ってここはあんまよくないな、不便だなと思った日本のダメなところワース5をお送りします。



に投稿 コメントを残す

過半数を獲得した保守党とブレクジットーThe conservative party got the majority in House of Commons and the Brexit.

 もともとはチーズインハンバーグがいいと思っていた。ただ彼女はとりかつ丼にしたほうがいいと後から迫ってきて、自分たちの注文が確定できないでいる。ファミレスに彼女と来ていて、チーズインハンバーグがいいか、とりかつ丼がいいか、通路に店員さんが注文票をもって、立ちんぼしている。イライラしている。2016年の6月から現在まで待たせてしまった。つまりそんな感じなんです。とりあえずお腹が空いたからなんでもいいから早く食わせろ!そんな英国民の気持ちがこの結果を示しているのではないだろうか。別に保守党を支持したわけではないように思える。

girl-2934257_1280

 2019年12月13日明朝、英国で総選挙の開票が行われ、下院定数650議席中、保守党が364議席を獲得して、結果としてみると大勝利となった。このためもともと欧州連合と袂を別つブレクジットを進めていた保守党であるが、来年1月待つにブレクジットが行われることがほぼ決定となった。

 今後の一年間で大事なことは欧州、アメリカとの貿易協定、そして香港の住民への干渉であろう。欧州感の貿易協定は今後一年間は今まで通りの自由貿易になるが、この一年間で話がまとまらない場合は、(その可能性の方が高いが)WHOのルールにしたがうことになり、貿易上両者にとって不利になる。

 今回の、2016年6月の国民投票の結果に意味があったのではない。選択した方が上手くいくようにこれから精進するしかないのだと思う。

 

に投稿 コメントを残す

3万円でロンドンで会社でも作ってみよう① -会社の業態を考えてみよう-

 しばらくごたごたしてて、ブログをアップデートできてなくて、申し訳ございませんでした。ブログをはじめたときから決めていたのですが、ロンドンで起業します!! Yahoo!!

 お金もスッカラカンなのですが、意外にお金なくても会社なんか作れそうかだなと思い、起業の過程を記録できればと思います。今回は会社の業態について説明します。

 

board-2449726_1280

新しい仕事のニッチな発想

 皆さん立場も違うと思いますので、簡単に私の諸事情を説明させていただければと思います。北京で修士課程を取得後、十年ほど英国の日系の不動産屋で働いており、嫁がイギリス人で働けるビザはもっています。

 起業にあたって、発想が必要ですが、すでに確立している業種への参入は、競争が大変になります。いままでにない業種が良いと思いました。
 参考にしたのは、『ブルーオーシャン戦略』です。一読されても良いと思います。会社といっても最初は一人です。不動動産に関する3つのサービスをロンドンで立ち上げます。私の業態を公開するのは、業態自体は誰でもコピーできますが、それを行う人材が私以外にできないと確信しているからです。
 

 
 

掃除のサービス

 

A:日本のテナント様のお家の日常的な清掃

 
 ロンドンにお住まいの日本人宅の日常の清掃サービスをします。駐在員の方は忙しいので、掃除もできない状況にもなります。リフレッシュした環境は大事です。これは一時間25ボンド程度(3千円程度)を想定してます。日本の業者がある程度はいますので、それほどブールーオーシャン(未開拓の市場)ではないですが、しいて言えば、私が不動産管理の経験がありますので、掃除以外に、切れたライトバルブの設置、スモークアラームのバッテリーの交換、ちょっとしたハンディーマンワークもできるので一緒に行えるというのがセールスポイントです。お客様はロンドンに住む日本人のテナント様を想定しています。
 
 

B:業者の退去の掃除後に、一定期間空いてしまった物件の再清掃

 
 賃貸契約の契約開始前のちょっとした掃除と、物件のチェックのサービスです。実は掃除のサービスはBを想定して考えつきました。
 
   賃貸物件はテナントさんが退去してから入居まで、うまくいかないと一カ月ぐらい空いてしまいます。退去の際に業者の、掃除はするので、結構、綺麗ですが、一カ月も空室になるとホコリがたまります。家主によっては海外にいたり、面倒くさがってしません。掃除機がけぐらいはしないと汚くなります。
 しかしながら専門業者の料金が250ポンド(3万午前円程度)の業者が多く、これはもっと安価で簡単に、そして早くできるニッチな掃除のサービスが必要だと思いました。このライトクリーニングのサービスと、最初から綺麗に住めるテナント様、埃っぽいというので文句をいわれない不動産屋、Win✖︎3の三つお得なサービスです。お客様はロンドンのすべての不動産屋を想定しています。
 
industrial-1636397_1920
 
 

B+を受けられるお得なサービス

 
  Bのサービスにはライトクリーニングのサービスのほかにちょっとした親切なプレゼントがあります。入居前には洗濯、ボイラーが動くかどうか、食洗機の動作確認、ライトバルブが全部つくかなどの確認をします。
   不動産屋はBのサービスを家主に営業して売り、代わりに不動産屋が代わりにしなければならないサービスB+無料で受けられます。またこのサービスには、物件の状態の簡単なリポートと電気、ガス、水道のその時のメーターの記録が付きます。また不動産屋の営業員は紹介してくれたということでアマゾンの10ポンド程度の商品券を貰えます。
 
   私はこのBとB+のサービスを、不動産屋にいて無料で提供してました。というのもしないとテナント様にお叱りをもらう為です。事前に掃除をしていて、お金も貰えたら、いいなと思っていました。
 
 今年からですが個人契約の第三者の物件チェックの費用がすべて大家さんの負担になりました。(法律施行前までは大家、テナント様の折半でした。)     
 
 今後、特に今年は家主が第三者の物件チェックの費用をうかすのに、しなくなります。そのためこのようなB+の記録は、あると役立ちます。すでにチェックインの時に電気、ガスのメーターリーディングをとっていなく、問題になっている件もございます。
 
  このA及びBのサービスは、正直に言ってお金もあまり稼げるとは思っていません。単価も安く、時間も絶望的に消費します。ただ安くはありますがすぐにお金に結びつく事と自分の会社の名前を広める為に9月から始めたいと考えています。
 
  Bのサービスは住まいの大きさにもよりますが、一回100ボンド(一万五千円程度〕程度にします。安すぎる場合は、後で調整します。
 
document-3271743_1920
 

物件管理と新しい料金システム

 
  物件の管理が必要な家主はたくさんいます。またこの業界は既に①のような新しいビジネスではなく、たくさんの競合が沢山いるレッドオーシャンです。
  しかしながらどこの業者もいえる事は、料金を年間の家賃の5%から8%ぐらいもらい、更に物件に何か問題が起こるとお金を家主からもらっています。私はこの料金システムを刷新したいと考えています。
 
  この料金システムだと、物件管理会社にとっては問題が頻発する物件は逆に儲かり、さらに家主は費用がかかります。本来不動産管理とは、物件に問題がないように未然に防ぐ必要があります。
   
 つまり問題があらかじめ起こらないような物件の管理システムが必要でと考えております。問題が一年を通して、なかった物件には報酬として高く不動産屋に入るようなシステムが必要です。そして結果として家主も無駄なお金の節約になるような料金体系です。
  もし問題がなければ、8%家主は管理会社に報酬として払い、問題が起きれば、基本料金が7%から5%まで下がると言うものです。
 また大家さんも得するように、未然の修理に関しては、業者への人件費のマージンなしの無料にします。未然に問題が解決できれば、日曜日の朝から水漏れ騒ぎで駆けつける必要もなく、時間の節約になります。事前の修理であば、時間はいつでも決められますので。
  
  ただ②に関しては、現在の会社と競合してしまうので、新規の問い合わせ以外は、しばらく放置で、半年後からゆっくり始めます。この料金体制はどこの業者さんでもコピーできます。是非真似をしてください。多分その方が世のかなにとって良くなるはずです。
 
 大体年間で一件の物件で年間600ボンド〔9万円程度〕になります。お客様は海外、ロンドンから遠く離れたところにお住まいの家主を対象にします。これからの会社の規模によりますが、一人で行うのであれば50件程度が限界かと思っています。
 
despair-513529_1920
 
 

バーチャルでの物件案内

 
  この③が私が本当にしたいビジネスの骨子です。イギリスで賃貸物件を探す場合、空港に着いて2週間ほど、ホテルかサービスアパートメントに滞在して、お住まい探しをします。つまり住まいが決まっていない不安定な状態で渡英して、限られた時間で住まいを探すのが一般的です。
 
 僕が考えているサービスは、日本のそして中国のロンドンに渡英されるかたのお住まいをインターネットのライブチャット〔テレビ電話〕や360カメラ、VR、ドローンなどの空撮で、日本、中国にいながらお住まいを内覧し、賃貸契約を結び、支払いも済ませた状態で、空港から直接ロンドンの賃貸物件に行って住んで頂くサービスです。 
 
Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 
drone-2724257_1920

  通常イギリスでは不動産屋は大家から費用をもらいますが、この場合はテナント様から費用を頂きます。ホテルに二週間入って、短い間でお住まい探しをするリスクと費用を考えると、バーチャルのパソコンの画面からお住まいを、探した方が確実に時間の短縮になります。

 smartphone-381237_1920

 
  実はバーチャルでの物件紹介は、特にロンドンの学生様、大学の教授既にある程度は始まっていますが、私が考えているのは、インターネットの、テレビ電話、バーチャルでの物件探し、「専門」の不動産紹介会社として立ち上げる事が革新的だと考えています。またこれにより、従来の不動産屋さんに一件一件、テナント様が連絡して、お住まいを探すのではなく、私のようなテナント様の立場になるリロケーションサービスを標準にすることが目的であります。
 リロケーション、テナント様の代理としてお住まい探しをする業種はすでに英国ではあります。
 
 
 ただ初期の料金がかさむため、通常大きな企業しか使われません。私の考えるビジネスプランはホテル代、サービスアパートメン代がなくなり、テナント様の代理人として行うサービスであり、トータルのコストダウンと時短になるようにお客様に努めます。
 
 従来の不動産屋がバーチャルでの物件紹介に足踏みしているのは、今まで物件を直接みせずに、決めた場合で痛い目を経験しているからです。
 
 実際、お住まいを見てみて、うさい、匂うなどの問題はバーチャルではわからないからです。しかしながら不動産屋がそんな物件をテナントに押し付けるのは、英国の不動産屋が大家の代理人であり、大家さんからお金を貰っている料金システムのためです。
 
 
agreement-303221_1280
 私の考えるバーチャルビューイングはお客様、テナント様からお金を頂きます。大家さんからはお金は頂きません。そのため変な大家さんの物件を紹介する必要がありません。
 
 お客様テナント様が納得できなければ、マーケットにあるすべての物件をバーチャルで内覧すればよいだけです。また自分が変な物件は排除すればよいだけです。不動産業界10年のプロが紹介するわけです。間違いありません。
 お客様は日本、中国にいらっしゃるロンドンに一年以上滞在予定の個人で契約される方を対象にします。料金は最初は物件の大きさによらず1000ポンド(13万円)程度を考えています。二週間のホテル代金が24万円程度と考えると、破格かと思います。
 またこの料金に、光熱費、住民税の名義変更、インターネット、固定電話、銀行口座の開設のお手伝いを含めます。私はこのシステムを自分でやるだけではなく、このサービス自体を大きくして、大手このビジネスパッケージを5年後に会社ごと売却したいと考えています。
 
  この三つのサービスは不動産関係という意味で共通していますが、もう一点共通が、〔時間短縮〕と言う事です。これはこの会社のスローガンでもあります。SIPです。
 
 

Speed is power, Speed is passion!!

 
 
 ホリエモンの「北海道独立宣言」の中で、レストラン経営のプロが言っていたスローガンです。 特にオフィスもいらないので、初期費用等は要らないことがわりました。ただ車は必要です。次回は会社名と会社の登録について書きます。会社のアセット自身は200ポンド(3万円)ぐらいではじめて見たいと思っています。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に投稿 コメントを残す

英国での賃貸不動産営業のすすめ② 二番目の戦い方 Rental property in UK(2) Battle 2

 今回は英国での賃貸不動産営業のすすめ①に続いて、英国での賃貸営業のすすめの続編、実践編であります。

 

目次

  • 二番目の戦い方
  • 先行は時間がかかる
  • コンサルテーション
  • 先行の落とし穴
  • リバウンドを制すものが試合を制す
  • 戦闘2

 

前回の英国での賃貸不動産営業のすすめ①のリンク

 

英国での賃貸不動産営業のすすめ① クライテリアを見極める Rental property in UK(1) Identify criteria

 

二番目の戦い方

 私は10年近く英国で不動産業をしており、現役の営業員でもありますが、昨年度はトップの営業員になりました。皆様本当にありがとうございました。

 売上が不振でアドバイスを求めてくる後輩もいるので、不動産営業だけでなく、全ての営業マンの参考になるような内容になればと今回は書きます。

 お客様の最初の問い合わせの対応ではなく、すでに他の業者さんに問い合わせがあった後のシチュエーションでの営業の方法を考察したいと思います。この営業方法がマスターできれば、二番目以降での営業が50%の勝率になります。是非実践してみてください。

 勝率50%というと営業員でない方に言わせると、一見低いように思えます。お問い合わせがある時点で、確かに100%の勝率を目指さなければならないのは本道です。これはスターバックスにコヒーを求めて入ってきたお客様に店員がコーヒーを売れる確率に似ています。お客様は買いたくてしょうがないのです。よっぽど店員の態度が悪いか、行列が長くて待たなければならないとかでなければ、100%は狙えます。しかしながら不動産屋、電気屋さんの時計コーナーの店員、保険の営業の人など、比較対象の一件のお店にあなたが過ぎない場合、勝率50%は、プロ野球の5割打者のように、一目置かれる存在になりえます。昔イーメールの署名に薄い灰色で見えないぐらいに書いておいた座右の銘があります。スラムダンクの安西先生のお言葉です。リバウンドを制するものはゲームを制すと。

 

achievement-3387293_640

 先行は時間がかかる

 普通に考えてお客様の問い合わせがあり、商品を買いたいということになると、最初に予約をもらう方が有利でしょうか。それとも二番目以降が有利でしょうか。

 普通の営業マンは最初の問い合わせが有利だと答えると思います。なぜなら賃貸の不動産であれば、最初に問い合わせがあった方が、何もアイデアのないお客様に空っぽの状態から教示でき、専門家の知識を分けてあげられます。そして信頼がつかめます。 

 先行有利のもっともな大事な点ですが、たくさんのチョイスから不動産、商品をご紹介できるという点で、成約の可能性が高まるわけです。そのため、二軒目以降の業者は商品のチョイスがなくなり不利になます。しかしながら最初の問い合わせを受ける場合、悪い面が一点あります。お客様に対して時間を使い、そして体力勝負になります。効率を求めることはできません。

 最初からお客様に、商品の説明を行わなければなりません。不動産であれば、契約の内容、物件の種類などを教示する必要もあるし、そして何より物件の紹介に膨大な時間を使わないといけない。お客様の頭が空っぽの状態で、多くの物件をご紹介する。つまり二番目以降の業者が紹介するであろう、選択肢を潰すためにも多くの商品を紹介する必要があります。勝率は高くできますが、効率は最悪です。

 

 コンサルテーション

 さてここからが本題ですが、二番目にあなたの業者が選ばれた場合、どのように、物を売る必要があるでしょうか。

 もうすでにお客様は主要な商品大体はを知っていらっしゃいます。その状態で自分が売れる商品には限りがあります。「第一の業者がすでに紹介済みの、同じものを売りつけてもいいではないか」という方もいらっしゃるかもしれません。しかしながらこれは戦略としては、最初は避けましょう。これは最終的な手段です。

 というのもあなたが二番目に選ばれている理由は何でしょうか。一番目の業者の商品が良かったか、悪かったがよくわからないので確認したい、または不満だったためです。お客様がいらっしゃった際に、すでにどのような商品をご覧になられていて、どれの点が良かったか、悪かったかを伺いましょう。これをコンサルテーショント言います。何か問題を抱えていらっっしゃる。それを見極めます。

 こちらの会話から一番良かったもので、何が決め手にかけたかを伺います。この質問は変に思われるかもしれませんが、すでにあなたのお店に来店されている時点で、お客様は今までの商品に不満を感じていらっしゃいます。だから決断されてないのです。その点を深掘りします。

 例えば、賃貸不動産であれば、住まいはいいけど、子どのもの学校まで徒歩で20分かかるとか、値段がちょっと高いとか、眺めもロケーションもいいけど、少しデザインが古いとか。そのような問題をお客様はおっしゃると思います。 

 その答えに対して、解決できるような商品だけを二番目の戦いでは紹介します。大変効率的です。

 

 先行の落とし穴

 一番目の業者さんは業界の大手の会社になると思います。そのために最初のアポイントメントをすんなり取っていかれたわけです。しかしながら1番目に選べると大変忙しい。先ほどもお伝えしましたが、先行のアポが確実に勝利するには時間が必要です。そのため全ての商品を紹介しきっていれば、勝利できたかもしれませんが、時間がないので、ある程度、効率を考え、手を抜いて、限られた時間で集中した営業をされる可能性があります。そのため紹介できていなかった漏れが確実にあるのです。そこを二番目の営業では狙います。

 しかしながらそうは言っても、一番目の業者さんが紹介済みの商品がやっぱり良かったという時もあります。その場合は最終手段に出ます。再度自分からその商品を紹介します。理由はいろいろありますが、「1番目の業者に再度アポを取るのが面倒でしょう、今すぐ私ならそれを再度ご紹介できますので、最終チェックが可能ですよ」などがスマートな理由かもしれません。ただこれは自分のスケジュールの柔軟さと瞬発力が求められます。然しながこれだけでは勝率はおそらく35%まで行けば良いところだと思います。というのも先行で使われている業者は大手です。大手の会社との関係性もあり、50%以上の確率で大手が紹介済みのものは先行の業者の勝ちになります。

 

 リバウンドを制すものが試合を制す

 然しながらです。交渉ごとのなる商品ですと、お客様が欲しいと言ってから、成約に至る確率は高くて70%程度でしょう。つまり30%は制約できません。ここで安西先生のお言葉が思い出されます。うまくいかなかったバックアップにそのお客様のチョイスを自分にできているかどうかは、商品そのものではなく、あなたの営業員としての品格が大手の業者に優っていたかどうかで決まると思います。私は常にリバウンド(ファーストチョイスがうまくいかなかった場合)は私がとると決めておりました。これで勝率50%の営業ができるようになります。頑張ってみてください。ご質問はツイッターでお願いします。

 戦闘2

 サブタイルの英語は通常、ちゃんと日本語訳になるようにしてますが、今回はゲーム音楽作家、伊藤賢治が作曲した私の一番好きな曲『戦闘2』の英語名 にしました。もし私が営業という舞台のプロレスラーのリングに上がることがあれば、このBGMで花道から出場してきたいです。そんなもんないけど、、

 

 

に投稿 コメントを残す

イギリスの町の名前の発音が難しすぎる件に関して:About the matter that the pronunciation of the name of the town in England is too difficult:

 最近こんなことがありました。彼女はまだ一年も満たない新人です。ロンドンにあるとある不動産屋です。彼女はあるお客様を担当していて、お客様はこのロンドン西部からそのお客様のオフィスへの公共の交通機関でどのように通勤されるか考えていた。で、そのお客様のオフィスの最寄駅が「embarrassment:エンバラスメント」ですと言った。そんな恥ずかしい地下鉄の駅の名前はロンドンには実在しない。あるのは”Embankment”というトラファルガースクエアからテムズ川沿いにある地下鉄駅で、名前の通り堤防があり、そこでテムズの水かさが上がるのを食い止めている場所だ。

capital-2653_640

 実はこんな名前の間違いはイギリスというか英語の複雑なスペリングがよくある。オフィスの先輩が、「ハンマースミス」からピカデリーラインに乗り換えた方が、、、」そんなハリウッドザコシショウか室伏広治が言いそうな地名はロンドンにはない。”Hammersmith”あのでかいジープのハマーの方が発音は近いと思う。

 次は単にお客様の勘違いですが、「日本の方がよく住んでいらっしゃるウェストアクションで住まいを探してまして、、」

ノース、イーストのアクションものもあるのだろうか。”West Action”はアクトンという発音する。そんな複雑な英国の町の名前を簡単に解説している動画があったので、下記を見てもらってもいい。

に投稿 コメントを残す

2019年最新版 ロンドン インターネット、有線テレビ事情 :Internet, TV Latest Edition in London 2019

 今回は2019年6月現時点でのロンドンの、インターネット、有線テレビ、固定電話事情について話たい。イギリスではEEモバイルが5Gを提供はしているが、これは街中だけのサービスであり、家の中ではインターネットの回線はまだ必要です。

テレビライセンス

 テレビライセンスとはテレビ視聴料の事です。ライセンスを支払わなくてもテレビは見れてしまいますが、これを払っていないと罰金になります。注意してください。2019年4月の現時点では、年間154.50 ポンドです。1年の一括払いが若干安いですが、4半期払い、一か月ごとの支払いも可能です。

 ロンド家具付きの物件が多く、その家具の中にテレビが含まれていることがあります。その場合は通常テナントがライセンスの支払い義務があります。物件にテレビがない場合で、自分がテレビを購入するつもりがない場合は、支払い義務は発生しません。しかしながらアイパッド等でBBCアイプレイヤーなどでチャンネルをライブで見る場合には支払いが必要です。テレビを購入すると翌日テレビライセンスの支払いの請求が家に届きます。これは電気屋とテレビライセンスの業者が結託しているためです。支払いの手続きもテナントが行い、退去の時の締めも自身で行う必要があります。

 下記リンクから手続きができます。

テレビライセンス

 

office-381228_640

 

インターネット、固定電話、有線放送

 このインターネット、固定電話、有線放送等のサービスもテナントが自分で支払いを行い、また退去の最後の支払いをご自身でする必要があり、代行できないサービスです。

 その物件にどのようなサービスが提供できるか調べてくれる不動産屋もありますが、自分で調べることも可能です。イギリスにはインターネットの会社は、基本は二つしかないとお考えください。一つはブリティッシュテレコム系です。もう一つはバージンメディアです。色々な名前のインターネット会社がありますが、これは全てブリティッシュテレコムのラインを借りています。バージンメディアだけが独自のケーブルを使っています。

 

ブリティッシュテレコム

 下記のBTのサイトからcheck availability から住所を入れて、どのようなサービス(光ケーブルか ADSLか)を選べます。有線放送のパッケージも選べます。

BT

 

バージンメディア

 下記のenter post code から住所を入れて、どのようなサービス(光ケーブルか ADSLか)を選べます。有線放送のパッケージも選べます。

バージンメディア

 

その他の格安ADSLサイト

下記のリンクから住所を入れて確認できます。

Uswitch

で、どれがオススメかというと、皆さんの需要にもよりなんとも言えないのですが、簡単にこうなると思います。

 

  1. バージンメディア:早い。高い。サッカーも含め、たくさんの有線放送が視聴できる。
  2. BT、まあまあ早い。まあまあ高い。ある程度テレビも観れる。BT TVのテレビパッケージも選べる
  3. 格安ADSL、結構遅い、安い。
  4. SKY こちらはインターネットはBTを利用して、テレビは衛星放送のラインがを利用して、スカイチャンネルが視聴でき、プレミアサッカーを見る場合はこちらも良いです。

 

上記の英国のインターネット、有線テレビのサービスにはには、イギリスの銀行口座がないと上記の手続きができない点です。またご個人様の場合は、光熱費の請求がないと銀行口座の解説ができませんのでこのような順序になります。

 

  1. 賃貸物件への入居
  2. 公共料金の請求を待つ 二週間ぐらい
  3. 銀行口座の開設
  4. それからインターネットの工事の手配 二週間から遅くて1ヶ月

 

かなりの準備にかなりの時間がかかり、インターネットなしでの英国生活が始まるわけです。ポケットWi-Fiなどが必要です。

 

オービクス

 日本のクレジットで支払いで、早くたいのであれば、オービクスという日系のプロバイダーをお勧めします。また日本語のサービスも嬉しいところです。オービクスを選びますとBTのテレビパッケージが使えません。オービクスもBTのラインを使ってますので、光ケーブルがBTで使えれば利用可能です。有料テレビはなくて良いという方におススメです。またカスタマーサービスも全部日本語なので楽です。ejijyo.comを見ていただいかたかに、オービクスさんから初期工事の割引バウチャーを頂きましたので、下記ご利用ください

ejijyo

https://www.orbix.co.uk

 

1 orbix

2 orbix

 

 プレミア、欧州サッカーを家でみたいかたであれば、バージンでもBTスポーツ、スカイスポーツがみれますし、BTでもスカイスポーツもみれます。もちろんスカイでもBTスポーツのパッケージは別途買えます。ただ60ポンド近くにでテレビの試聴にお金をかけるのであれば、近所のパブにでもいって人生の落伍者、サッカーだけが生きがいのようなオヤジどもと、ビールを片手にひいきのチームをののしりあい、そして一喜一憂し、テレビではとてもいえない、卑猥な応援歌を歌いながら、サッカーを観戦するのもいいです。もし特にひいきのチームがないのであればロンドン北部のアーセナルというチームを応援するのが良いと思います。

 

pub

 

 

 

に投稿 コメントを残す

英国フルマラソン事情② full marathon in UK vol.2

 テムズ川で行われたフルマラソン大会の後、リッチモンドとリーバーリーで行われたはハーフマラソン大会に出場した。今回はリッチモンドで行われたフルマラソン大会の話をしたい。結論から言うと完走(と歩いたが)はしたが前回より15分程度だけ早い記録であった。時間15分だった。もともとの目標は完走(歩かない)、5時間を切る、サブ5だったので、失敗した理由を考察したい。

 

richmond

 フルマラソン大会に出場するのは2回目である。あれほど練習で30キロは走ったほうが良いといわれながらも、事前に30キロ走る機会はなかった。ただハーフの試合には出ていたので体はまあまあ作れていた。リッチモンドは比較的近いので朝の10時着で良いということで、7時頃に地下鉄と電車で向かった。

 前回リッチモンドのハーフマラソンに出場していたので、地理はよくわかっているつもりだった。駅からおりて、北側のオールドディアパークの方へ歩いて行ったが、あまり人がいない。マラソン大会の時は結構人だかりができるのだ。あんまり人がでないので、開催地の郵便番号をグーグルマップで入れてみると、ぜんぜん明後日の方角を示していた。アレと思って、よく見ると出発地点が全然違っていた。主催者がハーフとフルは違うのだ。リッチモンドフルマラソン大会の出発地点はリッチモンド駅よりは二つ駅がとなりのモートレークのほうが近い。また今回の大会はリッチモンドパークで行われ、前回の公園とは違う。イギリスは公園だらけなのだ。焦ってグーグルマップの到着予測時間を確認すると、間に合いそうだった。リッチモンド公園から30分ほど歩いて、出発地点に到着した。

 リッチモンドの公園は平坦だが、緩やかな坂はあり、比較的走りやすい。参加者は800名程度だった。序盤は大体真ん中当たりにつけ、半周したところで、2時間15分だった。あと半分ということを考えると、5時間をきるのは楽勝だった。そして30キロを超えたあたりである。ハムストリングに違和感が感じられ、誤魔化しながら走っていたが、つった。停止して足を延ばしながら、歩いて、また走り始めた。まだ三時間半もあったので、楽勝だった。そして足がまたつった。これを3回ぐらい繰り返して、少しでも走ろうとするとつるという状態になった。しかしまだ1時間以上もあった。余裕で5時間以内にゴール出来そうだった。つまり完全にわかっていなかったのだが、序盤がオーバーペースだったのだ。最後の1時間は速足で歩けば5時間はいけそうだと思った。だが結果5時間15分で間に合わなかったのだ。フルマラソンを走り切るには筋力と体力どちらもないと駄目なのだ。また体が絞れていなかった。余計な脂肪があったので、重すぎたのだ。次は7月21日のスティーブネージのフルマラソン大会に参加予定だ。5時間はきりたい。

に投稿 コメントを残す

イギリスの5G:5G in UK

 イギリスが技術的に日本より高いとは思わないが、5Gの実装にEEモバイルが先行して関して実装し(6月現在、ロンドン中心部ではすでに実装済み)、日本より半年以上早くなる。ロックフェスのグラストンベリーで大々的に広告され、その6月30日のフェスと一緒に一応の皮切りになる。

 主要都市、ロンドン、エジンバラ、カーディフ、ベルファスト、バーミンガムとマンチェスターが最初にサービスが始まり、その後2019年中にグラスゴー、ニューキャッスル、リバプール、リーズ、ハル、シェフィールド、ノッティンガム、レスター、コベントリー、ブリストルと続く。日本での5Gが来年春からの実装になると相当早い感じはする。

 

smartphone-1254108_640

 現在イギリスで売られている5G対応スマホは下記になる。

 

  • OnePlus 7 Pro 5G
  • Samsung Galaxy S10 5G
  • OPPO Reno 5G
  • LG V50 ThinQ 5G

 

 上記の中では、ギャラクシーが最上位機種になりそうだ。5Gに合わせて、リリースできたOneplusテクノロジーのものも大変良いスマホである。中国深センンの会社である。お店で試したが、ファーウェイと同様大変カメラの性能は良い。OPPOも広東の会社である。ただアイフォーンユーザーにとって、アンドロイドはなんか複雑な画面構成に思えるのだ。

 アップルは完全に出遅れ感があり、通常通りであれば、アイフォーンイレブンは9月のリリースになり、5Gの実装はほぼ間違いないが、実装に2ヶ月近く遅れる。4Gは大体下りが8M、ADSLのWIFI並みということであるが、5Gは4Gの100倍程度のスピードとなり、秒速300M程度になる。

 まだ私はアイフォーン8プラスの契約が9月まで残っているので、乗り換えはできない。アイフォーンは素晴らしいが、アップルの音楽アプリは大変に不満がある。曲が探しにくい、なんとかしてほしい。ただロンドンではアップルペイの方が便利なので、アップルを使っているが、アンドロイドペイの支払いの改善や、アップルウォッチ以上のアンドロイドのウェアラブルが出てくると乗り換えるのはやぶさかではない。アップルユーザーは潜在的に不満も感じているはずだと思う。

に投稿 コメントを残す

英国:ロンドン フルマラソン事情①Full Marathon in UK vol 1

    内容
  1. サイトには前のりしない。ウーバーでの朝からの移動が安価
  2. フルマラソン大会の前に30K走る練習をする。
  3. エネルギー補給用に液体ジェルを三つは持っておく。
  4. ハーフが走れれば、完走は確実。

running-78192_640

 

サイトには前のりしない。ウーバーでの朝からの移動が安価。

 

 ハーフマラソン大会に二回出場した。今回はウォルトン・オン・テムズというロンドンから南にあるところで初めてフルマラソンの大会に出場する。この大会は1110日のリメンバランスデイという第1次世界大戦の終結を記念して行われた。第1次大戦中の日本というと中国本土の利権拡大に躍起になっていたころで、第2次大戦のような大きな印象はないように思える。このマラソン大会のイベントとして、開催中の正午に走るのをやめて、1分間の黙祷があるという。この瞬間が鳥肌が立つので是非参加してね!というのがキャッチコピーになっていたが、実はそれにつられて応募したのではなく、自分のトレーニングの予定を考えるとこの日程がたまたま都合があっただけである。

 大会の一週間前にコースの下見にいった。その日は天気が大変良かった。出発地点のスポーツセンターからハンプトンコートまでの距離をテムズ川沿いを走った。かなりリラックスして走ったこともあって、意外に片道でも短いなという印象だった。

 

 そして試合当日である。今回は時間に確実に間に合うように、6時にウーバーを予約していった。お金はかかったが、前のりしてホテルに泊まるなど面倒なことは一切なしなので、結果として安上がった。前日は雨が降っていたが当日は快晴だった。しかしこれはあとから最悪なことに巻き込まれる伏線となっていた。

今までのマラソン大会は私のようなオリエンタル系、つまり白人以外の方も多かったが、今回は白人だらけだった。私は上記のリメンバランスデイの意味がよくわからずに、参加した変な外国人だったためである。紙の赤いケシの花を一ポンドほどの寄付とおもにつけるあの日である。あれは第一次世界大戦で亡くなったからへの追悼なので、外国人がつけてよいものかどうか毎年困る。運営からメガホンごしに、ルール説明があったが400人程度の参加者だったので、結構運営の人の声は届かなかった。その例の中途で一分ほど立ち止まるルールは分かったが、もう一つ嫌なことがなんとなくわかった。4往復しなければならないとうことだった。どうりで下見のときは早く終わったわけだ。走り始めると分かったが、前日が雨だったので道がグチョグチョになっていた。最初は水たまりを避けて走っていたが、走行距離と足への負担がかかるので、水たまりをつっぱしることにした。靴下が濡れて気持ちが悪い。

 マラソンのコースが、往復や折り返し地点がないコースというのは大変良いコースである。景色が変わり、新鮮に走り続けられる。しかしながら給水ポイントや、運営のメンバーの配置を考えるとどうしても折り返しのあるようなコースが良いのだ。しかしながら四往復は地獄である。ラットレース状態になるからだ。最初の往復は良かった。二往復目もまあまあ。そして三往復目に例の、リメンバランスデイの一分の黙祷時間が来た。運営が大きな笛を鳴らして、全員が走るのをやめる。なにもない。遠くで鳥のさえずりが聴こえる。

 

people-2592247_640

フルマラソン大会の前に30K走る練習をする。

 

 実はフルマラソンを参加する前に経験者のかたから、とりあえず練習で30キロを走っておくとよいですよとアドバイスをもらっていた。だが、そんな時間はなかった。30キロ以上走れるかどうかは、二つの問題を克服しなければならないという。一つは体力の問題である。もう一つは筋力の問題である。33キロの地点で体力が完全に枯渇した。まったく走れなくなった。最初は一キロ走って、一キロ歩いてというのを繰り返していたが、次は足がつってしまうという問題が生じた。最後の10キロは歩いてゴールした。5時間半かかった。次こそはと思いながらも、フルマラソンの後は一か月近くは休養しなければならなかった。

スポーツセンターでうまくもないハンバーガーとチップス食べたが、一時間以上茫然と動けなかった。

 

 

エネルギー補給用に液体ジェルを三つは持っておく。

 

 日本ならばウィダーインゼリー的なランニング用の糖分補給のものが、ホランドアンドバレットのような健康食屋さんに売っている。これは確実に三つは装備に含めたほうがよい。給水ポイントにある食べ物は試合によって、まちまちで水しか提供しない大会もあるからである。下記のようなものがおススメです。

 

ハーフが走れれば、完走は確実。

 

 走り切ることは今回は出来ませんでしたが、ハーフが走れるのであれば、あとは歩けばいいのですが、タイムリミットが通常7時間前後です。そのため30キロあたりまでで4時間半ぐらいの経過なら最後の10キロは歩いてでもゴールできます。

 

 次は走り切りたい。本当の意味での完走をしたいです。