に投稿 コメントを残す

3万円でロンドンで会社でも作ってみよう① -会社の業態を考えてみよう-

 しばらくごたごたしてて、ブログをアップデートできてなくて、申し訳ございませんでした。ブログをはじめたときから決めていたのですが、ロンドンで起業します!! Yahoo!!

 お金もスッカラカンなのですが、意外にお金なくても会社なんか作れそうかだなと思い、起業の過程を記録できればと思います。今回は会社の業態について説明します。

 

board-2449726_1280

新しい仕事のニッチな発想

 皆さん立場も違うと思いますので、簡単に私の諸事情を説明させていただければと思います。北京で修士課程を取得後、十年ほど英国の日系の不動産屋で働いており、嫁がイギリス人で働けるビザはもっています。

 起業にあたって、発想が必要ですが、すでに確立している業種への参入は、競争が大変になります。いままでにない業種が良いと思いました。
 参考にしたのは、『ブルーオーシャン戦略』です。一読されても良いと思います。会社といっても最初は一人です。不動動産に関する3つのサービスをロンドンで立ち上げます。私の業態を公開するのは、業態自体は誰でもコピーできますが、それを行う人材が私以外にできないと確信しているからです。
 

 
 

掃除のサービス

 

A:日本のテナント様のお家の日常的な清掃

 
 ロンドンにお住まいの日本人宅の日常の清掃サービスをします。駐在員の方は忙しいので、掃除もできない状況にもなります。リフレッシュした環境は大事です。これは一時間25ボンド程度(3千円程度)を想定してます。日本の業者がある程度はいますので、それほどブールーオーシャン(未開拓の市場)ではないですが、しいて言えば、私が不動産管理の経験がありますので、掃除以外に、切れたライトバルブの設置、スモークアラームのバッテリーの交換、ちょっとしたハンディーマンワークもできるので一緒に行えるというのがセールスポイントです。お客様はロンドンに住む日本人のテナント様を想定しています。
 
 

B:業者の退去の掃除後に、一定期間空いてしまった物件の再清掃

 
 賃貸契約の契約開始前のちょっとした掃除と、物件のチェックのサービスです。実は掃除のサービスはBを想定して考えつきました。
 
   賃貸物件はテナントさんが退去してから入居まで、うまくいかないと一カ月ぐらい空いてしまいます。退去の際に業者の、掃除はするので、結構、綺麗ですが、一カ月も空室になるとホコリがたまります。家主によっては海外にいたり、面倒くさがってしません。掃除機がけぐらいはしないと汚くなります。
 しかしながら専門業者の料金が250ポンド(3万午前円程度)の業者が多く、これはもっと安価で簡単に、そして早くできるニッチな掃除のサービスが必要だと思いました。このライトクリーニングのサービスと、最初から綺麗に住めるテナント様、埃っぽいというので文句をいわれない不動産屋、Win✖︎3の三つお得なサービスです。お客様はロンドンのすべての不動産屋を想定しています。
 
industrial-1636397_1920
 
 

B+を受けられるお得なサービス

 
  Bのサービスにはライトクリーニングのサービスのほかにちょっとした親切なプレゼントがあります。入居前には洗濯、ボイラーが動くかどうか、食洗機の動作確認、ライトバルブが全部つくかなどの確認をします。
   不動産屋はBのサービスを家主に営業して売り、代わりに不動産屋が代わりにしなければならないサービスB+無料で受けられます。またこのサービスには、物件の状態の簡単なリポートと電気、ガス、水道のその時のメーターの記録が付きます。また不動産屋の営業員は紹介してくれたということでアマゾンの10ポンド程度の商品券を貰えます。
 
   私はこのBとB+のサービスを、不動産屋にいて無料で提供してました。というのもしないとテナント様にお叱りをもらう為です。事前に掃除をしていて、お金も貰えたら、いいなと思っていました。
 
 今年からですが個人契約の第三者の物件チェックの費用がすべて大家さんの負担になりました。(法律施行前までは大家、テナント様の折半でした。)     
 
 今後、特に今年は家主が第三者の物件チェックの費用をうかすのに、しなくなります。そのためこのようなB+の記録は、あると役立ちます。すでにチェックインの時に電気、ガスのメーターリーディングをとっていなく、問題になっている件もございます。
 
  このA及びBのサービスは、正直に言ってお金もあまり稼げるとは思っていません。単価も安く、時間も絶望的に消費します。ただ安くはありますがすぐにお金に結びつく事と自分の会社の名前を広める為に9月から始めたいと考えています。
 
  Bのサービスは住まいの大きさにもよりますが、一回100ボンド(一万五千円程度〕程度にします。安すぎる場合は、後で調整します。
 
document-3271743_1920
 

物件管理と新しい料金システム

 
  物件の管理が必要な家主はたくさんいます。またこの業界は既に①のような新しいビジネスではなく、たくさんの競合が沢山いるレッドオーシャンです。
  しかしながらどこの業者もいえる事は、料金を年間の家賃の5%から8%ぐらいもらい、更に物件に何か問題が起こるとお金を家主からもらっています。私はこの料金システムを刷新したいと考えています。
 
  この料金システムだと、物件管理会社にとっては問題が頻発する物件は逆に儲かり、さらに家主は費用がかかります。本来不動産管理とは、物件に問題がないように未然に防ぐ必要があります。
   
 つまり問題があらかじめ起こらないような物件の管理システムが必要でと考えております。問題が一年を通して、なかった物件には報酬として高く不動産屋に入るようなシステムが必要です。そして結果として家主も無駄なお金の節約になるような料金体系です。
  もし問題がなければ、8%家主は管理会社に報酬として払い、問題が起きれば、基本料金が7%から5%まで下がると言うものです。
 また大家さんも得するように、未然の修理に関しては、業者への人件費のマージンなしの無料にします。未然に問題が解決できれば、日曜日の朝から水漏れ騒ぎで駆けつける必要もなく、時間の節約になります。事前の修理であば、時間はいつでも決められますので。
  
  ただ②に関しては、現在の会社と競合してしまうので、新規の問い合わせ以外は、しばらく放置で、半年後からゆっくり始めます。この料金体制はどこの業者さんでもコピーできます。是非真似をしてください。多分その方が世のかなにとって良くなるはずです。
 
 大体年間で一件の物件で年間600ボンド〔9万円程度〕になります。お客様は海外、ロンドンから遠く離れたところにお住まいの家主を対象にします。これからの会社の規模によりますが、一人で行うのであれば50件程度が限界かと思っています。
 
despair-513529_1920
 
 

バーチャルでの物件案内

 
  この③が私が本当にしたいビジネスの骨子です。イギリスで賃貸物件を探す場合、空港に着いて2週間ほど、ホテルかサービスアパートメントに滞在して、お住まい探しをします。つまり住まいが決まっていない不安定な状態で渡英して、限られた時間で住まいを探すのが一般的です。
 
 僕が考えているサービスは、日本のそして中国のロンドンに渡英されるかたのお住まいをインターネットのライブチャット〔テレビ電話〕や360カメラ、VR、ドローンなどの空撮で、日本、中国にいながらお住まいを内覧し、賃貸契約を結び、支払いも済ませた状態で、空港から直接ロンドンの賃貸物件に行って住んで頂くサービスです。 
 
Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 
drone-2724257_1920

  通常イギリスでは不動産屋は大家から費用をもらいますが、この場合はテナント様から費用を頂きます。ホテルに二週間入って、短い間でお住まい探しをするリスクと費用を考えると、バーチャルのパソコンの画面からお住まいを、探した方が確実に時間の短縮になります。

 smartphone-381237_1920

 
  実はバーチャルでの物件紹介は、特にロンドンの学生様、大学の教授既にある程度は始まっていますが、私が考えているのは、インターネットの、テレビ電話、バーチャルでの物件探し、「専門」の不動産紹介会社として立ち上げる事が革新的だと考えています。またこれにより、従来の不動産屋さんに一件一件、テナント様が連絡して、お住まいを探すのではなく、私のようなテナント様の立場になるリロケーションサービスを標準にすることが目的であります。
 リロケーション、テナント様の代理としてお住まい探しをする業種はすでに英国ではあります。
 
 
 ただ初期の料金がかさむため、通常大きな企業しか使われません。私の考えるビジネスプランはホテル代、サービスアパートメン代がなくなり、テナント様の代理人として行うサービスであり、トータルのコストダウンと時短になるようにお客様に努めます。
 
 従来の不動産屋がバーチャルでの物件紹介に足踏みしているのは、今まで物件を直接みせずに、決めた場合で痛い目を経験しているからです。
 
 実際、お住まいを見てみて、うさい、匂うなどの問題はバーチャルではわからないからです。しかしながら不動産屋がそんな物件をテナントに押し付けるのは、英国の不動産屋が大家の代理人であり、大家さんからお金を貰っている料金システムのためです。
 
 
agreement-303221_1280
 私の考えるバーチャルビューイングはお客様、テナント様からお金を頂きます。大家さんからはお金は頂きません。そのため変な大家さんの物件を紹介する必要がありません。
 
 お客様テナント様が納得できなければ、マーケットにあるすべての物件をバーチャルで内覧すればよいだけです。また自分が変な物件は排除すればよいだけです。不動産業界10年のプロが紹介するわけです。間違いありません。
 お客様は日本、中国にいらっしゃるロンドンに一年以上滞在予定の個人で契約される方を対象にします。料金は最初は物件の大きさによらず1000ポンド(13万円)程度を考えています。二週間のホテル代金が24万円程度と考えると、破格かと思います。
 またこの料金に、光熱費、住民税の名義変更、インターネット、固定電話、銀行口座の開設のお手伝いを含めます。私はこのシステムを自分でやるだけではなく、このサービス自体を大きくして、大手このビジネスパッケージを5年後に会社ごと売却したいと考えています。
 
  この三つのサービスは不動産関係という意味で共通していますが、もう一点共通が、〔時間短縮〕と言う事です。これはこの会社のスローガンでもあります。SIPです。
 
 

Speed is power, Speed is passion!!

 
 
 ホリエモンの「北海道独立宣言」の中で、レストラン経営のプロが言っていたスローガンです。 特にオフィスもいらないので、初期費用等は要らないことがわりました。ただ車は必要です。次回は会社名と会社の登録について書きます。会社のアセット自身は200ポンド(3万円)ぐらいではじめて見たいと思っています。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
に投稿 コメントを残す

ロンドンのプレイグループ最新2019版:London Playgroup 2019 Edition in Ealing

 プレイグループとは英国では、ナーサリーの入学が出来るようになる新生児から2歳までが通常対象年齢で、赤ちゃんと保護者が集い、歌を歌ったり、いっしょに遊ばせたりする機会をもうける集いで、通常二時間程度で終わります。ロンドン西部のイーリングエリアにお住まいの場合は、ノースフィールドの教会のものに最初にいかれると良いと思います。他の日本の奥様たちもいらっしゃいますので、いろんな情報がもらえるともいます。

 

kindergarten-504672_640

 通常,プレイグループは教会、チルドレンセンター、図書館の三つの施設で行っています。

 スクールタームのみ行うのがほとんどです。図書館、チルドレンセンターは基本無料ですが、教会で行なうものは、寄付金として1から3ポンドの支払いをお願いしている場合があります。

 プレイグループはお子様の教育にもよいですし、また赤ちゃんの子育てで疲れている奥様がコーヒーをのんでビスケットを食べたりして、ほかの近所の奥様方と歓談する休憩の場にもなります。私自身が娘の面倒を小さい時に面倒を見なければいけない時は、今日はどこのプレイグループがやっていたっけ?とうかんじで、スケジュールを見て通っていました。

  プレイグループがどこでどんなかんじで行われているかというのはかなりローカルな情報であいにく網羅的なホープページはないようです。ただ下記のウェブである程度郵便番号で検索できるようです。 教会系のものであっても、クリスチャンでないかたも気軽に参加できます。

お近くのプレイグループは下記で検索できます。

https://www.netmums.com/local/preschool-activities

 

 

 

W5(イーリング)

  

すみれ教室

 

場所:St Barnabas Millennium Church Hall, Pitshanger Lane, Ealing, London W5 1QG

時間:学期中の毎週木曜日, 12 時半から1 55分まで

費用:3.4ポンド

 

http://tuliplondon.org.uk/class%26group/sumire%20parent%20%26%20toddler-2.html

 

 

ECC日本語教会

 

場所:Ealing Christian Centre,268 Northfield Avenue,Ealing London W5 4UB

時間:木曜日(1000-1200

費用:1ポンド

https://www.eccj.org.uk/

 

なでしこ赤ちゃんミーティング+ひなぎく妊婦さんミーティング

 

場所:1 Charlbury Grove, Ealing, London, W5 2DY 

時間:火曜日 1時から3時の間

費用:不明

 

http://tuliplondon.org.uk/class%26group/nadeshiko%20baby%20meeting.html

 

 Ealing Abbey Toddler Group

 

場所:Ealing Abbey Church Hall, 2 Marchwood Crescent, Ealing, London, W5

時間:火曜日、木曜日945-1145

費用:3ポンド

http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/ealing-abbey-toddler-group

 

St Andrew’s URC Church

場所:Mount Park Road, Ealing W5 2RS, UK

時間:月曜、水曜、金曜 9:30-11:00

費用:1-2ポンド

http://standrewsealingurc.org.uk/

 

 Log Cabin – Start2gether: Stay & Play

 場所:The Log Cabin , 259 Northfield Avenue, Ealing , London, W54UA

時間:土曜日 1000-1200 

費用:0歳から5歳は無料 6歳から11歳は2ポンド

 http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/start2gether-log-cabin-stay-play

 

Pebbles at St Peter’s

場所: St Peter’s Church, Mount Park Road, Ealing, W5 2RU

時間:日曜日 900から

費用:TBC

http://www.stpeterealing.org.uk/pebbles.htm

 

Pitshanger Playcentre

場所: Pitshanger Park, Meadvale Rd, Ealing, London, W5 1lU

時間:月、金1010-1145 火、水1000-1145 水曜:1400-1630

費用:3ポンド(兄弟がいる場合は、さらに1ポンド)

http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/pitshanger-playcentre

 

St Mary’s Baby & Toddler Group

場所:St. Mary’s Church, St. Mary’s Road, Ealing, London, England, W5 5RH

時間:火曜日 930-1130

費用:3ポンド(家族全員で)

https://stmarysealing.org.uk/baby-and-toddler-group/

 

 上記代表的なものをあげましたが、W5のエリアのプレイグループは下記でもっと探せます。

https://www.netmums.com/local/search?location=w5&tag=preschool-activities

 

  

W13(ウェストイーリング)

  

Baby & Toddler Group At St Stephens W13

場所:Location: St Stephens Road, Ealing, W13 8HB

時間:月曜日(930-1115

費用:2ポンド

http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/st-stephens-parent-toddler-group

 

Kingsdown Babies and Toddlers Club

場所:Kingsdown Methodist Church Hall, Kingsdown Avenue, Northfields, West Ealing, London, W13 9PR

時間:水曜日 1300-1500

費用:TBC

 http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/kingsdown-babies-and-toddlers

 Quackers

場所: St John’s Church Mattock Lane West Ealing W13 9LA

時間:月曜日:945-1145

費用:2ポンド

https://www.stjohnandstjames.org.uk/quackers.htm

St Peters and Pauls Toddlers

場所: St Peters and Pauls Church, Leyborne Avenue, London, W13 9QZ

時間:水曜日:930-1130

費用:TBC

https://parish.rcdow.org.uk/northfields/

 

The Little Lounge Toddler Group

場所:The Salvation Army, Leeland Road, Ealing, W13 9HH

時間:月曜と水曜 1000-1200

費用:TBC

https://www.netmums.com/local/l/the-little-lounge

 

 

Tippitoes Playgroup

場所:Lammas Park Playcentre, Elers Road, Ealing, London, W13 9QD

時間:

9:30-10:30 Under 2’s
10:30-12:00 Under 4’s

9:30-11:00 Under 4‘s
14:30-16:30 Under 2‘s

9:30-11:00 Under 4‘s
11:00-12:00 Under 18months

9:30-11:00 Under 4‘s
11:00-12:00 Under 18months

14:30-16:30 Under 4‘s

9:30-10:30 Under 2‘s
10:30-12:00 Under 5‘s

費用:7ポンド

  

W3(アクトン)

 

W3のエリアのプレイグループは下記でもっと探せます。

https://www.netmums.com/local/search?location=w3&tag=preschool-activities

 

  

チルドレンセンター

 

チルドレンセンター(イーリングカウンシルによる)プレイグループの時間は、タームごとにかわりますので、下記ウェブサイトからご確認ください。ダウンロードのタブに最新のタイムテーブルがあります。

 

https://www.ealingfamiliesdirectory.org.uk/kb5/ealing/directory/results.action?sr=10&nh=10

 

 

 

Acton Park Children’s Centre


Acton Park, East Acton Lane, Acton, W3 7LA 
Tel: (020) 8743 6133
Contact: Aldeen James  
Email:
Aldjames@ealing.gov.uk

 

Log Cabin Children’s Centre 


259 Northfield Avenue, Ealing W5 4UA 
Tel: (020) 8840 3400 
Contact: Anita Jokun 
Email:
ajokun@ealing.gov.uk

 

 

Maples Children’s Centre


East Churchfield Road, Acton W3 7LL
Tel: (020) 8743 7128
Contact: Mia Ospovat
Email:
admin@maplesnursery.com

 

South Acton Children’s Centre


Castle Close, Acton W3 8RX
Tel: (020) 8992 0724
Contact: Bev Kellet 
Email:
admin@southactoncc.com
Website:
http://www.southactoncc.com/

 

Grange Primary Children’s Centre 


Church Gardens, Ealing, W5 4HN 
Tel: (020) 8799 2509 
Contact: Luiza Kane
Email:
LKane@ealing.gov.uk

時間:火、木  9.30-11.00

 

 

John Perryn Primary School and Children’s Centre

Long Drive, Acton W3 8EW
Tel: (020) 8743 5648 
Contact: Lindsay Hills 
Email:
HillsL@ealing.gov.uk

 

North Ealing Children’s Centre 


Pitshanger Lane, Ealing, W5 1RP 
Tel: (020) 8997 2653
Contact: Amanda Foley
Email:
FoleyA@ealing.gov.uk

  

Jubilee Children’s Centre  

Drayton Green Park, West Ealing 
Tel: (020) 8567 6251 or 07738 708 910
Contact: Sandra Warrick
Email: 
nbright@ealing.gov.uk or SWarrick@ealing.gov.uk

 

Hathaway Children’s Centre 

Hathaway Gardens, Ealing, W13 0DH 
Tel: (020) 8998 2479 
Contact: Guadalupe Poorman 
Email:  
PoormanG@ealing.gov.uk 

  

 

図書館 

 

図書館の催しは常時変わりますので、一度図書館にご足労頂いて、ご確認頂ければ幸いです。

 

Ealing Central Library

Ealing Broadway Centre, Ealing, W5 5JY

West Ealing Library

Melbourne Ave, London W13 9BT, UK

Acton Town Hall Library

Everyone Active Acton Centre, High Street, Acton, W3 6NE

 

 

ご質問等ございましたらツイッターでお願いします。@ejijyo

 

 

 

に投稿 コメントを残す

ロンドン イーリングカウンシル単身者住民税割引の申請の方法:How to apply for a single resident tax discount in London Ealing Council

ロンドンイーリングカウンシルでの単身者住民税割引の申請の方法の動画です。

 

ロンドンイーリングカウンシルでの単身者住民税割引の申請の方法の動画です。

単身割引が効いたあと、ご家族がいらっしゃった場合で、割引がきなないように戻すには、現時点ですと下記の電話か郵送での変更しかできないようです。

(020) 8825 9940 (24 hour) payment
(020) 8825 7050 (office hours: Mon-Fri,9am-5pm) enquiries, and 24 hour information

Postal address: Local Tax and Accounts Receivable, London Borough of Ealing, PO Box 1344, Ealing, W5 2BY.

https://www.ealing.gov.uk/info/201097/council_tax/579/contact_us_council_tax

 

 

に投稿 コメントを残す

ロンドン イーリングカウンシル住民届け:London Ealing Council To submit Moving in Notification

ロンドン、イーリングカウンシルでは住民届けが第三者が2019年初頭から変更できなくなりました。ご自身での住民届けの仕方の説明になります。

 

に投稿 コメントを残す

英国の宅検の受験の仕方。How to get a qualification in UK for Rental Property Agent.

 イギリスで賃貸の不動産屋になると、一応資格試験を受けることになります。ちなみにこの日本での宅検的なものなのですが、資格をもっていると箔がつくといった程度のものです。私も二年前になんとか合格しました。今回はこのLevel 3 Award in Residential Letting & Property Management – England & Wales.の資格の応募、大体の試験の外観について説明します。下記ウェブサイトから登録して、試験を受ける必要があります。

https://www.propertymarkqualifications.co.uk/qualifications/residential-letting-property-management/england-wales-level-3-award/

students-395568_640

 ちなみにこちらの試験はLevel 3ですが、Level2という初級試験もあります。しかしながらLevel3以上でなければ、ALRA(Association of Residential Letting Agents)のメンバーになれないため、通常はlevel 3で資格試験を受け、level 4以上の試験も受ける必要もありません。Level 3を持っていれば、不動産屋がALRAのメンバーになり、ある程度の厳しいレギュレーションで営業していて、信用もあるという意味になり、また通常不動産屋の社長、部長(ダイレクター)、支店長クラスはこちらの資格を持っております。そのため不動産屋内である程度の役職にあがるには必要な試験なわけです。

 

試験合格までの道のり

 

1.こちらのウェブを読む

https://www.propertymarkqualifications.co.uk/qualifications/residential-letting-property-management/england-wales-level-3-award/

2.登録する。

https://www.propertymarkqualifications.co.uk/qualifications/residential-letting-property-management/england-wales-level-3-award/

3.電話して、勉強する資料を取り寄せる。

0345 203 2103に電話して資料を取り寄せる。一般の人は、255ポンドになり、ALRAメンバーの不動産屋に勤めていると150ポンドの割引がきく。

 

4.試験の予約をウェブからする。

海外での受験はできないので、イギリスでの受験になる。

試験内容の外観

 試験は四つのモジュールがあり、別々に試験を受けられます。それでこちらの四つのモジュールを全部合格すると、Level 3の資格がもらえます。

 

    四つのモジュールの内容

  1. Unit 1: Health and Safety, Security and General Law:安全衛生、及び安全性及び一般的な法律に関して 
    Unit 2: Legal Aspects of Letting & Management :賃貸、物件管理における法的側面に関して
  2. Unit 3: Residential Property Letting Practice :賃貸住宅の仕事の実践に関して
  3. Unit 4: Residential Property Management Practice :住宅不動産管理実務に関して

children-593313_640

 

 こちらの試験ですが、一つのユニットは一時間で行われれ、コンピューターの前で20問の選択の四択のマーク式で行われます。70%以上が合格で、14問以上の合格が必要です。試験室からでると、すぐに結果がすでに出ておりますので結構緊張します。最初のユニットを合格するとあと三つのユニットを三年以内に合格しないと無効になります。しかしながらちゃんと勉強すれば、一年ぐらいでは合格できると思います。試験の内容は難しくないのですが、教科書が大変多いので、ある程度の時間を確保して読む必要があります。私の実感としては業務内容が理解できていれば英検準一級の試験よりは楽かもしれません。次回以降はユニットごとにどんな内容の試験になるかを説明します。

ご質問等ございましたらツイッターで連絡下さい。@ejijyo

 

に投稿 コメントを残す

2019年6月1日から英国の個人の賃貸契約が変わります。Assuared short hold tenancy (AST) rental contracts will change from 1st of June 2019.

  イングランド・ウェールズの個人契約(AST)の形態が201961日から大幅に変わります。政府はテナントに予想以上の費用を支払わせないようにしたいと考え下記の内容が変更になります。今回はこの影響による英国賃貸マーケットの洞察になります。

Association of Residential Letting Agent: 英国住宅賃貸エージェント協会のリンク

 https://www.arla.co.uk/lobbying/letting-agent-fees/england/

 

  Tenant Fees Act 2019 201961日から施行され、テナントから負担できるもの、出来ないものが明らかに変わりました。

interior-3778708_640

 

従来通り請求されるもの

o  家賃

光熱費と住民税

敷金(5週間分のみ

手付金(1週間分のみ

契約期間未満での解約による罰金

 

key-2323278_640

 

201961日開始の契約から請求できなくなるもの

o    Administration fees :契約書作成代

o    Application fees :申請

o    Set up fee :準備

o    Referencing fee :リファランス:身辺調査

o    Credit check:財政確認

o    Guarantor fees: 保証人

o    Permitted Occupier fees:住むのを許可された住人への追加費

o    Right to rent fees:査証チェックの費

o    Inventory charges:インベントリーの費用(立ち会い

o    Saturday move- in fee: 土曜入居のエクストラ費

o    Check in fees:チェックイン費

o    Check out fees:チェックアウト費

o    Renewal fees:更新書類作成料

o    End of Tenancy fees:退去の費用(立ち会い

house-purchase-1019764_640

 テナント様から請求できなくなったものが大変増えました。現在まさに賃貸マーケットの現場では531日の入居になるか、6月以降かで、てんやわんやになっております。また多くの不動産屋が61日以降での個人契約書の定型が出来ていない状態です。そのため初期の費用はどちらにしろテナントから負担できなくなる不動産屋は5月末の契約開始にして、とりあえずは乗り切ろうとしている状態です。

 

 今回の法律の変更でテナントの負担は軽減されますが、家主の負担が多くなります。また不動産の利益が明らかに減益になります。そのため6月以降の契約で、家主は家賃の値上げ、または不動産屋からの手数料の引き下げを要求してくることは必然ですが、こちらの傾向も一年もたてば、当たり前のようになると思われます。今回の改正で、明記されていないテナントのクリーニング費用はどうなるかというのが、私は疑問でした。契約書には契約終了前に業者の専門の掃除をいれなければならないという項目は契約書から6月以降省かれると思われます。しかしながら原状復帰義務はテナントに相変わらず残りますので、入居前に業者の掃除がおこなわれ、またインベントリーにその状態が記載されるのであれば、やはりテナントも業者による掃除の義務が発生するかと思います。

 ご質問等ございましたらツイッターでお答えします。 @ejijyo

 

 

 

に投稿 コメントを残す

英国での賃貸不動産営業のすすめ① クライテリアを見極める Rental property in UK(1) Identify criteria


 英国で賃貸不動産の営業になって、十年が経ちます。私はもとも北京で文科省の推薦奨学生として映画学を勉強し、修士も卒業して将来は映画研究か批評でもできればと考えていました。そんなわけで体育会でもなければ、コミュニケーションを英語でも日本語でとるのも、得意ではなく、もともと営業マンではありませんでした。実践を通じて経験をつみ、昨年度はトップの営業マンになりました。後天的に営業マンになったわけです。

 英国での賃貸不動産の営業のノウハウ、心構えを伝えればと思います。長くなると思いますので、章立てで何回かのブログに分けます。英国の賃貸での営業が独特なものとは、思えません。他の分野の営業であっても共通点、勉強になる点は沢山あると思います。

 自然に営業成績を上げらる人は、大変すごいですし、うらやましいです。天才的な営業員はやはりいます。しかしながら凡人には天才のやり方をまねるのは難しいと思います。私は凡人ですので、凡人の営業員の成績が上がらない理由はわかります。凡人だからこそ分かる営業のノウハウを伝えればと思います。天才はこれから私が述べるようなことを自然に理解できるのかと思いますが、説明はできないと思いますので。今回の章は賃貸不動産営業の基本と、お客の基準となっているクライテリアをいかに正確に判断するかという事について執筆します。

 

目次

  1. 賃貸不動産営業の基本:不動産の営業とは品ぞろえの悪い喫茶店のようなもの
  2. お客様のクライテリア(判断基準)
  3. 大家さんのクライテリア
  4. テナントのクライテリア
  5. 家主とテナントの条件のマッチング

 

 

賃貸不動産営業の基本:不動産の営業とは品ぞろえの悪い喫茶店のようなもの

 

 普通スターバックスコヒーにいって、注文しようとすると自分の欲しい飲み物が出てきますよね。それはスターバックスにそのお客様がいらしていることで、スターバックスで手に入る、キャラメルフラペチーノ的な飲みものがある事をすでに知っていて、ご提供できるわけです。

 不動産屋は違います。お客様はお住まいになりたいもののイメージが何かあります。頭に描いているファンタジーのフラペチーノです。しかしながら、様々な理由で不動産屋はそれを提供できません。その特定のエリアには、そんなご希望と同じものがなかったり、それはお客様の想像上のものであって現実とは一致しないわけです。例えば値段が高すぎる、そのエリアには駐車場付きのものがない。家具なしのものがない。お客様の法人契約の内容が、この大家の契約形態と合わない等、様々な理由があげられます。ではこのような問題をいかにして解決していくか方法論を考えます。

 

お客様のクライテリア(判断基準)

 お客様は二種類があります。一つは不動産を貸したい大家さんです。もう一つはお住まいを借りたいテナント様です。この二つのお客様の判断基準を正確にいかにつかめるかが大変大事です。これにはメールでの、電話での、そして対面でのコミュニケーションで営業マンが判断する必要があります。つまりなにがこの人は必要んだろうとお客様に感情移入をしてみて、考えてみることです。

 

 

大家さんのクライテリア

 大家さんはどのような方をテナント様として期待されているかのクライテリア(判断基準)を知る必要があります。具体的には下記のようなクライテリアがあげられます。

 

·        家族構成(人数)

·        家長の仕事

·        テナント様の最低額の収入

·        地方自治体からお家賃補助(Housing benefit)を貰っていない

·        個人契約のみ(法人契約はではない)

·        契約が二年まで。二年後に自分が戻ってきて住む予定

·        契約が一年ごとのみ。一年後に住まいを売りたい

·        住宅ローンがあり、すぐにでもテナント様がほしい

·        犬、猫を飼っていない

·        タバコを吸わない

 

 このような事は普段から家主とメール、または電話でコミュニケーションをとっていないとわかりません。例えば家主はお家賃が月2000ポンドは支払われるかたを希望されており、実際にはテナント様が4週間も決まらない状態が続いているとします。そして良いお客様がいますが、ご予算が1900ポンドしかなかったとします。それでも家主は2000ポンド以上がお家賃の希望されているので、こちらのお住まいをご紹介しなかったとします。実は家主は住宅ローンの支払いで苦しんでおり、1900ポンドしか払えなくてもすぐにご入居されるのであれば、契約が合意に至る可能性があったとします。

 住宅ローンの問題は大変深刻です。集合住宅のお住まいだとペット可になるのは難しいですが、ハウスであればもともとペット不可といっていた家主もしばらくお住まいが空いてしまうと、気が変わる場合があります。(よくありますよ、本当に)家主もテナントも状況は常に変わりやすく、クライテリアも時間の経過により変わります。そのため常にできる限り多くコミュニケーションをとる必要があります。

 

 

テナントのクライテリア

 お客様のクライテリアの判断は通常メールが最初のコミュニケーションになると思います。それは会社のポータルからくる場合もありますし、自分でメールをする必要もあると思います。

下記メールの例文です。

●×様 私●×△不動産の●×と申します。よろしくお願い申し上げます。お住まいのご紹介にあたり、●×様のご希望されるお住まいの条件を伺えれば幸いです。

  1. お家賃の上限ご希望のエリア家具付き、家具なしのご希望
  2. ペットの有無 
  3. ご入居希望日
  4. 駐車場の必要(専用駐車場は何台分必要でしょうか。路上駐車でもうよろしいでしょうか。)
  5. ご家族構成(お子様がいらっしゃるようであれば、生年月日、及びご希望の学校、公立、インタナショナルスクール、私立、日本人学校等、お決まりであれば伺えれば幸いです。)
  6. 奥様の車の運転の有無
  7. その他のご要望希望
  8. 希望の内覧日

ご質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。何卒よろしくお願い申し上げます。 ●山 ●男 テナント様、お客様から上記の詳細について返答があると思います。それから熟考してお住まいを内覧前日までにアレンジします。

 

 そしてここが大事なのですが、例えば当日お住まい探しにオフィスにいらしたら、もう一度条件を再確認します。というのもメールでのクライテリアとすでに変わっている可能性がありえます。それは例えば他の不動産さんからすでにお住まいを見て、ご予算を上げたくなった、入居日はもっと実際は遅くてもかまわなかった。学校が公立ではなく、私立になったので住みたい場所が変わった。間取りが小さくてもやはりマンションタイプのほうがよいように考えが変わった。上記のようなことが現場ではよくありえます。そのため下準備は大事ですが、その場で予定をすぐに変更できるようなフレキシブルさが必要です。

家主とテナントの条件のマッチング

 

 現在自社がもっている物件とお客様の条件を頭で把握しておく必要があります。テナント様のクライテリアと物件を全部把握するのは難しいのでどちらかというと物件を把握しておくほうが大事です。これは物件の状態、家具の状態、家主がどのくらいまで交渉に応じるかなどの事です。その物件の近くの公立の学校の状況、幼稚園の状況などもわかるとなお良いです。そして例えば今週の予定にA,B,Cとうお客様がいらしたら、A,B,Cのお客様に合う条件のお住まいがぱっと浮かぶようにする必要があると思います。基本的にはこのマッチングの能力が不動産賃貸営業の基本になります。

 

下記のウェブサイトも日本の不動産営業向けてですが、参考になります。

https://type.jp/tensyoku-knowhow/ready/catalog/estate-sales/

 

ご質問等ございましたらツイッターでお気軽にご連絡ください。

@ejijyo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に投稿 コメントを残す

英国での賃貸契約の退去の仕方。How to vacate a rental property in UK.

 英国での賃貸物件の退去の日程は下記のように決める必要があります。退去のプロセスの予定は下記のようなスケジュールになります。

  1. 退去の通知を出す。引っ越し業者の選定(通常退去日から1か月か2か月前から)
  2. 引っ越し(その晩はホテル住まいになります。すくなくとも退去日の2日前)
  3. 業者の掃除(その晩はホテル住まいになります。退去前日)
  4. インベントリーチェックアウト(退去日当日)
  5. 敷金の返金(退去から15日から一か月後ぐらい)

 

1.解約通知の提出

 英文による解約通知は必ず正式なご退去日の指定が必要です。こちらがないと正式な解約通知としては認められておりません。解約通知には指定の書式はありませんが、必ず契約者のご署名が必要です。会社契約の場合は御社の人事総務から通知のご発行をお願い致します。解約には二つの状況がありえます。

 

 A.中途解約

 契約書内に早期解約条項(Break Clause)がある場合のみ、途中解約が可能です。契約書に記載されている解約条項は、下記のような条件がありえます。

 

  • 海外転勤が決まった場合だけ中途解約可能(通常半年後から)
  • 30日の事前通知が必要
  • 60日の事前通知が必要
  • 基本的に半年以降30日の事前通知があれば退去ができるが、クリスマスシーズンだけは通知を出せない。

 

契約によって様々ですので、ご自身の契約の(Break Clause)をご確認ください。

 

  B.契約満了

 契約満了をもってご退去される場合、通常不動産屋が契約満了から60日前、または30日前に連絡致し、満了の場合においても書面での契約満了を示す必要がある場合があります。厳密には会社契約の場合は必要ございませんが、不動産屋によっては通知のお願いする場合が多いようです。

 

2.最終家賃のお支払い

 中途解約の場合は最終家賃の調整が必要で、一般的には日割りになります。ご自身で銀行の自動引き落とし(Standing order)を設定されている場合は、ご自身で停止手続きをして頂く必要がございます。

 

最終家賃日割りの例

例えば月2000ポンドの場合で、契約開始日が1月1日の場合で、ご退去の通知が7月5日で、最終日が8月5日になった場合。退去日が日曜日、国民の祝日にはできません。

 

2000×12か月÷365×5日=328.76ポンド

 

3.公共料金の手続き

 

 インターネット、固定電話、有線テレビのご契約はご自身で退去、解約の通知をしてください。またテレビライセンスを払っていらっしゃっている場合も、ご自身でご解約をしてください。特にBTに関しては第三者が関与することができかねまるので、ご自身で解約をお願いします。

 電気・ガス・水道はご退去日にメーターを確認して、それからの最終の支払いになりますのでご帰国の支払いになります。ご帰国前にその場で電気・ガス・水道会社に電話され当日に最終料金をデビットカード等での支払いも可能です。

 上記の支払いをDirect Debit,スタンディングオーダー(自動引き落とし)で設定されている場合は、ご自身でご解約下さい。

 

4.清掃・インベントリーチェックアウト・鍵を引き取り

 

  • 業者による清掃

 契約終了時、テナントは物件の現状復帰義務があり、物件(カーテン、寝具、バルコニー、ガレージなども含む)を清掃した上で家主に引き渡す必要があります。清掃はお荷物を搬出した後で、必ずインベントリーチェックアウトを済ませるようにしてください。業者の掃除は、通常不動産屋、または引越し屋がやる場合ほとんどです。ご自身で清掃しないでください。特に水回りの掃除は素人にはできません。清掃された時の、領収書を必ず保管してください。インベントリーチェックアウトの際の、清掃完了の証明として家主に提示する必要があります。清掃がちゃんとされていないと敷金から減額の対象になりえますのでご注意ください。

 

  • インベントリーチェックアウト

 

インベントリーチェックアウトは通常月曜から土曜日の9時から15時で可能です。

 

チェックアウトでの確認事項

① インベントリーリストにそって、必ず事前に所定のものをもとの部屋にもどしておく。

② 契約書のテナントの義務について事前に再度読んでおく

③ インベントリークラークに入居時との相違点を当日確認する

④ 紛失したもの、破損したものは必ず列記し、チェックアウト時に知らせる。スプーン・グラスなどは購入して埋め合わせをしてもよいが家主に事前に相談する。

⑤ 電球が切れている場合は事前に付け替える。電球がきれていると後日電球代、ハンディーマンの費用を請求される可能性がある。

⑥ インベントリーチェックアウトの時にすべての鍵を返却する。(その後は物件の立ち入りが出来なくなります。)

⑦ ご自身のアイテムは全部必ず除去してください。テレビ等で自分は価値があると思うものを置いて行かれる場合でも、家主かエージェントに事前にご相談下さい。

 

5.ご退去日後の郵便物の取り扱い

 Royal mail では、移転先(国外を含む)への自動転送・リダイレクトサービスを有料でおこなっております。ご退去の一週間前までに最寄りの郵便局でお申し込みください。

 

 

6.退去の通知の例

 

 

 

個人契約の場合

 

14-05-2019

Dear Mr. Cole,

 

RE: Flat 104  Regent Court, Robert Road , London W1C 2LK

 

I regret to give the notification to terminate the  tenancy agreement of above property as of 20th of  June 2019.

 

We thank you for your attention in this regards and will be grateful you could accept our request,

 

Kind regards

 

Taro Yamada

 

 

 

会社契約の場合

 

14-05-2019

Dear Mr. Cole,

 

RE:Flat 104  Regent Court, Robert Road , London W1C 2LK

 

I regret to advice that I hereby serve written notice to terminate the tenancy agreement at the above property as of 20th of June 2019 being 60 or 30 day notice from the date of service.

 

Mr. Taro Yamada (the occupier)has been recalled to Japan.

 

We thank you for your attention in this regards and will be grateful if you could acknowledge this letter.

 

Kind regards

 

Jiro Sato

ABC Corporation LTD,

123-456 Robert Road

London N1 3LK

 

ご質問等ございましたらお気軽にツイッターでご連絡ください。

@ejijyo

 

 

 

に投稿 コメントを残す

英国での賃貸契約のまとめ:入居からご退去まで

 オファーの出し方、リクエストの仕方など細かい点はすでに説明させていただいたので、今回は入居から退去までの大体の流れを説明します。

 

内容

1.内覧をする

2.オファーを出す

3.交渉

4.オファーの受諾

5.契約書の作成

6.リファランスの提出

7.お支払い

8.インベントリーチェックイン(入居)

9.インベントリーチェックアウト(退去)

 

1.内覧をする

 不動産屋に電話かメールをして内覧の予約をとります。

日本からビデオチャットなどで内覧することも可能な不動産屋もあります。

 

2.オファーを出す

 内覧された物件で、こちらのお住まいに住みたいという意思表示をする。

その際下記、4点をお伝えください。

 

 A.お家賃の金額

 B.入居開始日

 C.リクエスト

 

詳しくはこちらをご参照ください

https://jtecpc.co.uk/2019/04/24/英国で賃貸物件にオファーするときの代表的なリ/

 

 

  D.契約期間 通常一年契約ですが、最長で三年までの契約が可能。

   更新はもちろん双方が同意した場合は可能です。また通常早期解約条項がつ いており、契約を満了する必要はありません。早期解約条項に関してはまた別途のブログで書きます。

 

3.交渉

 お値段、期間、入居開始日、早期解約等の交渉を家主とします。

 

4.オファーの受諾

 双方が譲歩しあい、契約の内容が決まります。

 

5.契約書の作成

 不動産屋が作成します。1日から4日ほどかかります。

 

6.リファランスの提出

 その間、特に個人契約の場合はリファランスの提出をしていただきます。

詳しくは下記をご参照ください。

https://jtecpc.co.uk/2019/04/26/英国での不動産業者へリファランスを提出する方/

 

7.お支払い

 ご入居日の前日までに下記のお支払いが必要です。

  • 敷金(5週間分のお家賃
  • 最初の月のお家賃
  • 不動産仲介料

 不動産仲介料ですが、2019年6月1日以降で個人契約の場合はテナントに請求できない事になります。

 

 例えばお家賃が月1000ポンドで、入居日が5月15日の場合は、下記のようになります。

  • 最初の月のお家賃1000ポンド(5月15日から6月14日分として)
  • 敷金(5週間分のお家賃)1153.85ポンド

計算方式はこうなります。

  • 1000ポンド(一か月)×12(一年)=12000
  • 12000÷52(一年間は52週)=230.76923
  • 230.76923 × 5週間=1153.85(少数第二は切り上げ)

 不動産仲介料は150ポンドから高いエージェントですと500ポンド近く請求

する場合があったようです。

 

月1000ポンドのお家賃の物件であれば、初回料金は大体2353ポンドになります。

 

8.インベントリーチェックイン(入居)

 入居当日は、不動産屋、ご本人、家主(ロンドン市内は来ない場合はほとんど)、インベントリークラークが来ます。インベントリークラークとは第三者の立場の方で、物件の入居の状態を記録する書記のかたです。チェックインが完了して、初めて鍵をお渡しできます。

 

 

9.インベントリーチェックアウト(退去)

退去の日の決定ですが、通常二通がありえます。

 

 A.契約満了

 一年契約で、例えば1月1日が入居日であれば、自動的に12月31日が退去になる場合です。

 

 B.早期解約

 通常、一か月、または2か月の事前通知をもってして早期解約が可能です。(通常は入居から半年後に可能です。)

 

 例えば退去はこのようにプランをします。

  • 11月30日に日本への帰国が決まった。
  • その日に不動産と大家に退去の通知を送る。
  • 早期解約の事前通知が一か月だった場合は、12月31日が退去日になる。
  • 12月31日の夕方の便で日本への帰国便の予約
  • 12月29日に引っ越し
  • 12月30日に専門業者の掃除をご自身の負担で行ってください。
  • 専門業者の掃除ですが、通常二つの方法で見つけられます。

    A.引っ越屋が掃除を手配する

    B.不動産屋が掃除を手配する

  どちでも良いと思います。

 

  • 12月31日 インベントリーチェックアウト

 ご本人、家主、インベントリークラークが来て、お住まいの状態を確認し、 

 鍵を返す。

  • 飛行場に向かう。

 

  • 10日から1か月後に敷金が戻ってくる。

 

 

※退去の大事なポイントはお家賃は最終日まで支払い義務がありますが、

最後の2日間は掃除とチェックアウトだけですので、お住まいに住めません。

ホテル住まいが必要になるとお考え下さい。

 

ご質問等はツイッターでいただければ幸いです。

@ejijyo

 

 

 

 

 

 

に投稿 コメントを残す

英国の住まいの種類 Types of housing in the UK

 物件をイギリスで探す時、住まいに種類があってなんのことやらチンプンという事になります。英国で不動産屋11年目のプロの観点から、お住まいの一般的なタイプの概要とそのタイプのメリット・デメリットを営業では言わないホンネも伝えます。

 

住まいの種類

 

ハウス

 

  • ディタッチハウス:一戸建て
  • セミディタッチハウス:二戸建
  • テラスハウス:長屋
  • タウンハウス:3階建の長屋
  • ミューズハウス:元馬小屋
  • コッテージハウス:小さいお家
  • バンガロー:平屋

 

フラット:集合住宅

 

  • パーパスビルド:元々集合住宅
  • コンバージョン:元は大きな家
  • ペントハウス:集合住宅の最上階
  • メゾネット:集合住宅で階段があり上下階がある
  • スタジオ:ワンルームと1K

 

ハウス

     家タイプです。ハウスと対義になるのはフラット:集合住宅です。お庭があって、通常駐車場もあり、ドライブウェイがない場合は路駐の許可もおりるタイプ。

    ディタッチハウス

     一戸建て。大きい。この広さを実感できるのは一階のリビングもそうですが、玄関のホールウェイが大変壮観です。通常裏庭も広く、トランポリンとか置くにはやっぱりこれです。ただディタッチハウス限定で探されると、エリアが特定されます。繁華街、駅前には通常ないタイプです。あってもムッチャクチャ値段高くて、手が出ません。ディタッチに住むことはステータスになります。お子さんがピアノとかするならやっぱこれ。アメリカで駐在された方は、なぜかディタッチを好むような気がします。何故かはわかりませんが。

    メリット:広い。うるさくても隣人に聞こえない。

    デメリット:光熱費がかかる。防犯アラームが必要。庭のメンテナンスが必要。

    セミディタッチハウス

     一つの壁だけをお隣さんと共有しているタイプ。ディタッチほど大きくはないですが、ハウスタイプでは二番目に大きなタイプ。三階が屋根裏部屋(ロフトコンバージョン)に改装されているものとそうでないものがあり、寝室が三つのものと四つのものがあります。

    メリット:まあまあ広い。騒音の問題も片側だけ気にすれば良い。

    デメリット:光熱費もまあまあかかる。防犯アラームが必要。庭のメンテナンスが必要。

    テラスハウス

    長屋です。双方の壁をお隣さんと共有してます。

    一番端っこの長屋を、エンドオブテラスといい、壁が片方しかお隣さんと共有していないので、セミディタッチと概念は同じになります。ただセミディタッチの方が間取りは大きいです。シェアハウスではなく、ネットフリックスのリアリティーショウとは関係ないです。

    メリット:ハウスの割には家賃がリーズナブル。

    デメリット:光熱費もディタッチ、セミと比べるとまし。防犯アラームが必要。庭のメンテナンスが必要。裏庭が細長い。前庭が無意味にある。前庭は子供が遊ぶスペースには使えない。前庭ではなく駐車スペースになっている方が良い。

    タウンハウス

     タウンハウスの概念がウィキペディアで見るのと若干異なるのですが、私の肌感で言わせると、要は3階建のテラスハウスのような長屋で、一階がガレージになっている、またはガレージが改装され部屋になっていて、二階にリビングとキッチンがあるタイプ。比較的新しい(といっても40年ぐらいは経ってそうな)建物。

    メリット:四寝室欲しくても比較的リーズナブルな価格で見つかる。

    デメリット:庭が小さい。廊下が狭い。寝室も割とコンパクト。

    ミューズハウス

     ロンドンの中心部、フィッツロビア、サウスケンジントンとかにある、もともと馬小屋だったものを家に変えたもの。

    メリット:可愛い。

    デメリット:狭い。

    コッテージハウス

     ディタッチハウスと同じ一戸建てではあるが、規模が相当小さいお家。二寝室とかでもある。

    メリット:可愛い。庭もあります。

    デメリット:これぐらいの大きさでもいいならフラットでもいいんじゃね?とか思います。

    バンガロー

    平屋。もともと一階だけで階段がないもの。最近は屋根裏を部屋に改装したものも含みますが。

    メリット:階段がないので、バギーを使う赤ちゃん、高齢者に優しい。

    デメリット:これぐらいの大きさでも良いならやはりフラットでいいような?光熱費も結構かかりますよ。

    フラット

     集合住宅のこと。地下駐車場、専用駐車場がない場合は、路駐許可が降りる場合とそうでない場合がある。特に新しい物件の場合、路駐許可が下りない場合はあります。

     

    パーパスビルド

     マンションタイプのようなモダンなも集合住宅もありますが、ウェストアクトンにあるような100年程度経っているチューダー様式の古い集合住宅もあります。

    メリット:安全。泥棒が入るようなことがあまりない。光熱費が通常間の階だとかからない。一階、最上階が寒くなりがち。真ん中の階はあったかい。

    デメリット:ハウスタイプより狭い。隣人と音の問題がどうしても若干は出てくる。

    モダンなパーパスビルド

    クラシックなパーパスビルド

    コンバージョン

     大きな家を集合住宅に建て替えたタイプ。余談ですが、コンバージョンのタイプで、地下階、一階、二階、三階(最上階)とあった場合、通常、家賃や購入する場合、一番値段が高いのは、二階、次に一階、次が地下階、そして最上階がもっとも安くなります。大きな家だったとき、一番豪華な応接間があったのが二階だからです。また二階にはバルコニーがあるものが多い、天井が高い。一階も天井が高い。地下階が以外に値段が高いのは、庭付きが多いため。上に行けば行くほど、お値段は安くなり、天井も低くなるためです。昔のお手伝いさんが住み込みで住んでた部屋が最上階になります。

    メリット:一階、二階だと天井が高く、広々としている。

    デメリット:騒音の問題が上下階の人とどうしても出てくる。エレベーターが通常ないので、最上階は階段で大変。

    ペントハウス

    比較的モダンな集合住宅の最上階。

    メリット:フラットの割には広々としている。バルコニーからの風景が素晴らしい。

    デメリット:最上階なのでフラットの割には若干寒くなりがち。

    メゾネット

     
     集合住宅ですが、フラットの中に階段があるタイプ。
    一階から二階にかけてものものあるし、二階が入り口になっていて、三階が上の階層になっているものもある。
     
     
    メリット:上の階は眺めが良い。
     
    デメリット:階段が嫌いな、赤ちゃんとかがいる家族には向いていない。
    赤ちゃん落下防止用のゲートを設置すればいいだけですが。

    スタジオ

    ワンルーム、1Kのこと。

    メリット:ハウスシェアとかと違ってプライベートが保たれる。

    デメリット:家賃が高い。ツーベットとかを友人とシェアした方が、コストが安いので。

     どれがいいとかは一概に言えないです。個人的にはロンドンの中心部にあって、元々公共住宅だった、見た目はカッコはよくないけど、まあまあ広い3DKとかあるフラットが欲しいの。それでもロンドンでは値段が高すぎるのですが。

     今欲しいもので狙ってるものでも、だいたい650Kポンド、一億円弱もします。しかもリース。100年前後しか所有権なしです。リース、フリーホールドとかの不動産の持ち方:ホールドの仕方は、時間があるときに別のブログで書きます。でわでわ。ご質問とかはツイッターでなら答えます。