カテゴリー
未分類

私がグナーになった訳:

 イングランドのサッカーがもともと好きだったわけではない。実家の母はなかなか熱心に欧州サッカーをテレビで見ていたが、私はせいぜいJリーグやワールドカップでの日本代表の試合の試合を見る程度だった。英国に来て10年が経つが私がグナー、アーセナルファンになった理由を今回は書きたい。

a

不動産屋に当時は5年ほど勤めていたが、そこをやめて一時的にロンドンの商社の総務部で働いていたことがある。その商社はオフィスの移転等があり、一時的に不動産出身の人でが必要だった。

 総務部だったので、不動産以外にもいろんな仕事をした。稟議書の確認、社有車の取得、売却、オフィスのコヒーマシーン、エレベーターの点検の手配、オペラハウスの社債の取得、ゴルフ場の手配等。その中でも私が力を注いだのは、当時取得したばかりだったアーセナルスタジアムのプライベートボックスの社内利用マニュアルの作成とその運用だった。サッカーはまあまあ好きであったし、当時強くなってきたマンチェスターシティはなかなかのお気に入りのチームではあった。プライベートボックスとはお客様を12人程よんで、試合前に飲み食いして、その後ボックスの前が観戦席になっている、豪華な観覧室である。その商社は3年契約で取得したスタジアムのプライベートボックスを取得し、まだそのボックスにはなにもない状態だったので、机、椅子の配置などもアレンジする必要があった。

 b

 アーセナルのホーム戦すべての観戦ができたので、試合が決まるたびにお客様をよんでおもてなしのアレンジをする仕事だった。最初は何となく引き受けた仕事だったが、あとで結構面倒ということが分かり始めた。プレミアリーグは大体ホーム戦の予定が立つのだが、当時アーセナルはチャンピョンズリーグに出場できるかどうかの瀬戸際で、プレイオフに出場していた。つまり試合に勝つとホーム戦が増えるが負けると予定がなくなる。このことはシーズン序盤のカップ戦もそうであるし、後半からはじまるFAカップにおいては抽選も確認していないとホームになるかアウェイになるかで、試合があるかないかの予定もわからない。つまりかなりのサッカー通でないと、お客様へのおもてなしの準備すらできないというわけだった。マンC、マンU、チェルシー等相手チームが強いと、お客様は簡単に決まったが、対戦相手が弱いとお客様を呼ぶのも大変だった。対戦相手にアフリカや、中東の選手がいると、その商社の営業部に直接連絡をして、このチームにはコートジボワールの選手がいるから、コートジボワール大使館か、鉄鋼の現地の会社をよんでもてなしてはどうかという提案を私からしたりした。

 マニュアルは完成したが、実際に使ってみないと勝手がわからないだろうという会社の計らいもあり、一度私もアーセナルのプライベートボックスをお客様と一緒に利用した。その時はアーセナルVSベシクタシュ(トルコ)という試合で、この試合に勝てばチャンピョンズリーグへの出場が決まるというプレイオフの大事な試合だった。当時のベシクタシュにはデンバ・バがまだいた。アーセナルは加入したばかりのサンチェスが大活躍して試合には勝った。

 お客様も大変盛り上がったが、接待の効果は大変微妙だなと思った。今回のお客様はたまたまアーセナルファンが多かったが、中東のチーム好きのお客様を呼ぶことだってよくあるのだ。もし試合にアーセナルが勝って、変な感じで接待が終わることだって十分ありえる。こんな場所で本当に商談なんかできるのだろうか。スポーツ観戦の接待はお客様を呼ぶのは簡単かもしれないが、お客様の満足度は試合内容で決まる。

c

 そんなわけで私は否が応でもアーセナルの試合を見続ける必要があり、また試合に勝つことはお客が見つけやすくなることにもなり、アーセナルの応援をするようになっていた。冬になり、ガラタサライ(トルコ)VSアーセナルのアウェイマッチにアーセナルスタジアムからクリスマスパーティーへの総務部へ招待状が届いた。アウェイ戦をテレビで観戦し、料理もご馳走になれる、またそのテレビの試合にはアーセナルの伝説のディフェンダー、マーティン・キーオンも来てライブで解説をするとのこと。当時の総務部の直属の上司はそんなお客様集めもできないテレビ観戦には全く興味がなかった。しかしながら私は上司にこの試合にお客様がいかないのであれば、他のボックスを持っている会社との関係づくりにどうしても私が行った方が良いという説得した。上司は渋々納得してくれたが、条件がありその上司も来ることになった。選手控室も見れて大変良い思い出になったが、他社の関係づくりにはまったく意味がなかった。

 結局その商社には一年程度しか働かなかったが、このアーセナルスタジアムで働かせてもらったのは、人生の宝になり、そして私はグナーになったのであった。

 

カテゴリー
未分類

ムヒタリアンが政治的理由で決勝に参加できない?

 ガーディアンの5月10日の記事よると、ムヒタリアンは政治的理由で5月29日に開催されるUEFAヨーロッパリーグの決勝に参加できない可能性を示唆している。決勝の開催地はアゼルバイジャンのバクである。ムヒタリアンはアルメニア人であり、両国間のナゴルノ – カラバフ地域では現在でも紛争が続いている。

https://www.msn.com/en-gb/sport/uefa-europa-league/arsenal-urge-uefa-to-guarantee-henrikh-mkhitaryans-safety-for-baku-final/ar-AABbA4a?ocid=spartanntp

 

 

カテゴリー
未分類

欧州サッカーリーグの区分け

 五月にもなると毎年英国のパブでは一喜一憂している。なぜなら欧州サッカーの終局を迎え、プレミア、チャンピョンズリーグ、FAカップと優勝が続々決まって行くからである。先日チケットが取れたので、レスターに行った動画をアップしたが、お土産に買ったレスターのティーシャツを着てジムに行ったら、店員が私を見て深いため息をした。その日はレスターがアーセナルに3対0で勝ったためだった。私の配慮が足りなかったと思う。ごめんなさい。アーセナル軍は不滅です。アーセナルは来期チャンピョンズリーグに出場できるかどうか、最近の立て続けの連敗で微妙になってきました。今回は欧州サッカーの区分けと、どう言うパーターンで結末を迎えるとアーセナルはチャンピョンズリーグに来季出場できるか説明します。

 

UEFAチャンピョンズリーグ

UEFAヨーロッパリーグ

プレミアリーグ(イングランド)

アーセナルが来シーズンチャンピョンズリーグに出場できるかどうか?

 

 

 

UEFAチャンピョンズリーグ

 毎年行われれいるヨーロッパ全体での最高峰のクラブチームのチャンピョンを決めるリーグです。イングランドのプレミア、イギリスのセリエA、スペリンのリーガ、ドイツのブンデスリーグ、フランスのリーグアン、ポルトガル、トルコ、ロシアなどの上位チームだけが出場可能で、チャンピョンズリーグに出場できるかどうかは、前年の自国のリーグで上位で終える必要があり、またチャンピョンズリーグの優勝者とその下位のリーグに当たるヨーロッパリーグでの優勝者に出場権利があたえられます。現在英国では、トットナム、リバプールがベスト4に入っています。基本的にホームアンドアウェイの二試合で決戦しますが、決勝戦だけはすでに事前に決めてある場所で一発勝負になります。今季の決勝戦は、マドリードで行われます。

 

 

UEFAヨーロッパリーグ

 チャンピョンズリーグの下位に当たる、欧州サッカーのリーグでこちらも自国内でのリーグでまあまあ上位のチームだけが出場可能です。現在英国ではアーセナルとチェルシーがベスト4に入っています。基本的にホームアンドアウェイの二試合で決戦しますが、決勝戦だけは一発勝負になります。今季の決勝戦は、アゼルバイジャンで行われます。

 

プレミアリーグ(イングランド)

 イングランド国内のリーグで20チームが毎年出場しており、現在は上位4チームがチャンピョンズリーグに出場権が与えられます。毎シーズン38試合をホームとアウェイで行います。

 

アーセナルが来シーズンチャンピョンズリーグに出場できるかどうか?

 

 2019年5月2日の時点でアーセナルは、プレミアで5位、ヨーロッパリーグにはベスト4まで上がってきており、今晩ヨーロッパリーグの試合で、ホームでバレンシアと戦います。アーセナルがバレンシアに勝って、決勝でチェルシーか、ベンフィカに勝てばチャンピョンズリーグに来季出場は決定します。そしてこれが一番かっこいいシーズンの締めになります。

 しかしながら国内のプレミアリーグは現在かなり危うい状況で現在5位で、すでに自力でプレミアに残れる可能性はありません。ほとんどのチームはあと二試合しか残っていません。次のブライトン、そして最後のバーンリーにどちらにも勝ったとしても、4位のチェルシーが次のワトフォード、そして最後のレスターに勝ってしまうとチェルシーの勝ち抜けが決まります。

 6位のマンチェスターユナイテッドですが、ハダーズフィールドとカーディフですので順当に考えればどちらも勝つと思われますが、チェルシーが一勝でもするとマンユーの出場権はなくなり、マンユーはほぼ来シーズンの出場は絶望的です。ヨーロッパリーグ行きになると思われます。

 チャンピョンズリーグに出場できるかどうかは、チームにとって試合数も増え大変経営的にも大変な問題です。これが下位のヨーロッパリーグの出場権があるならまだマシですが。三年前にレスターシティがプレミアリーグで優勝したのはまだ記憶に新しいですが、彼らは強くもありましたが、チャンピョンズリーグやヨーロッパリーグには当時出場できていなく、試合数が圧倒的に少ないアドバンテージもありました。あの年はアーセナルは2位でした。

 まだまだチャンスはあります。今日はバレンシアに勝ちましょう!!

 

 

 

カテゴリー
未分類

ナポリvsアーセナル セカンドレグ  Napoli 0-1 Arsenal

ラカゼッタのフーリキックが決まり0:1でアーセナルがベスト8を勝ち抜け。ベスト4はバレンシアが対戦相手で、5月2日になります。しばらくはプレミアの試合だけに集中でき、しかも全部格下なので勝つのはもちろん、けが人も出してはいけないアーセナルです。プレミアは現在4位ですが、トットナムを抜いて3位で終わる事が理想的なシーズンになるからです。これからも応援します!

 

カテゴリー
未分類

アーセナルVSナポリ  Arsenal vs Napoli fist leg

サッカーを見るためにパブに一人で行きました。