に投稿 コメントを残す

三万円でロンドンで会社でも作ってみよう②-会社名の決定と登記ー

 今回は英国において、会社名の登記の方法の流れと会社名をどうやって作ったらいいか考えて見ます。

 

 私のビジネスは、前回の三万円でロンドンで会社でも作ってみよう①で説明したように三つに分かれます。

1:クリーニングのサービス

2:物件のマネージメント

3:バーチャルでの物件の内覧によるリロケーションサービス

(特に日本から、中国からのお客を想定している。)

 この三つをまとめたような名前がよく出来るなら、短い名前がいいと思うと大変難しい。またもしすでに現存する会社名ではいけないので確認が必要である。

下記のウェブから確認できます。

https://beta.companieshouse.gov.uk

 

 会社名の検索で、自分の競争相手も大体わかってきます。今回の会社名の検索でわかったことは、クリーニングサービスとマネージメントをどちらもやっている業者は結構あるということでした。またリローケションサービスとインベントリーのサービスをどちらもやっている業者もあり、複合的な会社は結構あるということがわかりました。

 それで私が作った会社名はこちらになります。

「JAPAN TEC PROPERTY & CLEANING SERVICE LIMITED

Company number 12167300」 Yah!!

https://beta.companieshouse.gov.uk/company/12167300

 ジャパンを入れるかどうか、悩んだのは中国からのお客様も取り込みたいと思い、もっとインターナショナルな名前にしようと思ったのですが、日系の会社だとわかってもらうためにはどうしても必要でした。

 またホリデーで、ブルガリアに行った時、いまだに”Maid in Japan ”ということが謳われて売っている商品を見て、ジャパニーズの最新テクノロジーを使った、クリーニング、バーチャルでの物件の紹介という感じが、いがいにも悪くないと思いました。

 中国語のウェブには、別にジャパンを強調しなければいい話なので、まあいいかという感じでこうなりました。

 実際の会社の登記には業者を使いました。

 

https://taxnavigator.co.uk

 

 フォームが届き、住所とかパスポートの番号とかを入れました。手続きは一日で終わりました。

 会社の登記がこちらになります。

2019-08-21 22.23.27

 費用は40ポンド(五千円程度)かかりました。次回は英国での法人の銀行口座解説の話をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に投稿 コメントを残す

3万円でロンドンで会社でも作ってみよう① -会社の業態を考えてみよう-

 しばらくごたごたしてて、ブログをアップデートできてなくて、申し訳ございませんでした。ブログをはじめたときから決めていたのですが、ロンドンで起業します!! Yahoo!!

 お金もスッカラカンなのですが、意外にお金なくても会社なんか作れそうかだなと思い、起業の過程を記録できればと思います。今回は会社の業態について説明します。

 

board-2449726_1280

新しい仕事のニッチな発想

 皆さん立場も違うと思いますので、簡単に私の諸事情を説明させていただければと思います。北京で修士課程を取得後、十年ほど英国の日系の不動産屋で働いており、嫁がイギリス人で働けるビザはもっています。

 起業にあたって、発想が必要ですが、すでに確立している業種への参入は、競争が大変になります。いままでにない業種が良いと思いました。
 参考にしたのは、『ブルーオーシャン戦略』です。一読されても良いと思います。会社といっても最初は一人です。不動動産に関する3つのサービスをロンドンで立ち上げます。私の業態を公開するのは、業態自体は誰でもコピーできますが、それを行う人材が私以外にできないと確信しているからです。
 

 
 

掃除のサービス

 

A:日本のテナント様のお家の日常的な清掃

 
 ロンドンにお住まいの日本人宅の日常の清掃サービスをします。駐在員の方は忙しいので、掃除もできない状況にもなります。リフレッシュした環境は大事です。これは一時間25ボンド程度(3千円程度)を想定してます。日本の業者がある程度はいますので、それほどブールーオーシャン(未開拓の市場)ではないですが、しいて言えば、私が不動産管理の経験がありますので、掃除以外に、切れたライトバルブの設置、スモークアラームのバッテリーの交換、ちょっとしたハンディーマンワークもできるので一緒に行えるというのがセールスポイントです。お客様はロンドンに住む日本人のテナント様を想定しています。
 
 

B:業者の退去の掃除後に、一定期間空いてしまった物件の再清掃

 
 賃貸契約の契約開始前のちょっとした掃除と、物件のチェックのサービスです。実は掃除のサービスはBを想定して考えつきました。
 
   賃貸物件はテナントさんが退去してから入居まで、うまくいかないと一カ月ぐらい空いてしまいます。退去の際に業者の、掃除はするので、結構、綺麗ですが、一カ月も空室になるとホコリがたまります。家主によっては海外にいたり、面倒くさがってしません。掃除機がけぐらいはしないと汚くなります。
 しかしながら専門業者の料金が250ポンド(3万午前円程度)の業者が多く、これはもっと安価で簡単に、そして早くできるニッチな掃除のサービスが必要だと思いました。このライトクリーニングのサービスと、最初から綺麗に住めるテナント様、埃っぽいというので文句をいわれない不動産屋、Win✖︎3の三つお得なサービスです。お客様はロンドンのすべての不動産屋を想定しています。
 
industrial-1636397_1920
 
 

B+を受けられるお得なサービス

 
  Bのサービスにはライトクリーニングのサービスのほかにちょっとした親切なプレゼントがあります。入居前には洗濯、ボイラーが動くかどうか、食洗機の動作確認、ライトバルブが全部つくかなどの確認をします。
   不動産屋はBのサービスを家主に営業して売り、代わりに不動産屋が代わりにしなければならないサービスB+無料で受けられます。またこのサービスには、物件の状態の簡単なリポートと電気、ガス、水道のその時のメーターの記録が付きます。また不動産屋の営業員は紹介してくれたということでアマゾンの10ポンド程度の商品券を貰えます。
 
   私はこのBとB+のサービスを、不動産屋にいて無料で提供してました。というのもしないとテナント様にお叱りをもらう為です。事前に掃除をしていて、お金も貰えたら、いいなと思っていました。
 
 今年からですが個人契約の第三者の物件チェックの費用がすべて大家さんの負担になりました。(法律施行前までは大家、テナント様の折半でした。)     
 
 今後、特に今年は家主が第三者の物件チェックの費用をうかすのに、しなくなります。そのためこのようなB+の記録は、あると役立ちます。すでにチェックインの時に電気、ガスのメーターリーディングをとっていなく、問題になっている件もございます。
 
  このA及びBのサービスは、正直に言ってお金もあまり稼げるとは思っていません。単価も安く、時間も絶望的に消費します。ただ安くはありますがすぐにお金に結びつく事と自分の会社の名前を広める為に9月から始めたいと考えています。
 
  Bのサービスは住まいの大きさにもよりますが、一回100ボンド(一万五千円程度〕程度にします。安すぎる場合は、後で調整します。
 
document-3271743_1920
 

物件管理と新しい料金システム

 
  物件の管理が必要な家主はたくさんいます。またこの業界は既に①のような新しいビジネスではなく、たくさんの競合が沢山いるレッドオーシャンです。
  しかしながらどこの業者もいえる事は、料金を年間の家賃の5%から8%ぐらいもらい、更に物件に何か問題が起こるとお金を家主からもらっています。私はこの料金システムを刷新したいと考えています。
 
  この料金システムだと、物件管理会社にとっては問題が頻発する物件は逆に儲かり、さらに家主は費用がかかります。本来不動産管理とは、物件に問題がないように未然に防ぐ必要があります。
   
 つまり問題があらかじめ起こらないような物件の管理システムが必要でと考えております。問題が一年を通して、なかった物件には報酬として高く不動産屋に入るようなシステムが必要です。そして結果として家主も無駄なお金の節約になるような料金体系です。
  もし問題がなければ、8%家主は管理会社に報酬として払い、問題が起きれば、基本料金が7%から5%まで下がると言うものです。
 また大家さんも得するように、未然の修理に関しては、業者への人件費のマージンなしの無料にします。未然に問題が解決できれば、日曜日の朝から水漏れ騒ぎで駆けつける必要もなく、時間の節約になります。事前の修理であば、時間はいつでも決められますので。
  
  ただ②に関しては、現在の会社と競合してしまうので、新規の問い合わせ以外は、しばらく放置で、半年後からゆっくり始めます。この料金体制はどこの業者さんでもコピーできます。是非真似をしてください。多分その方が世のかなにとって良くなるはずです。
 
 大体年間で一件の物件で年間600ボンド〔9万円程度〕になります。お客様は海外、ロンドンから遠く離れたところにお住まいの家主を対象にします。これからの会社の規模によりますが、一人で行うのであれば50件程度が限界かと思っています。
 
despair-513529_1920
 
 

バーチャルでの物件案内

 
  この③が私が本当にしたいビジネスの骨子です。イギリスで賃貸物件を探す場合、空港に着いて2週間ほど、ホテルかサービスアパートメントに滞在して、お住まい探しをします。つまり住まいが決まっていない不安定な状態で渡英して、限られた時間で住まいを探すのが一般的です。
 
 僕が考えているサービスは、日本のそして中国のロンドンに渡英されるかたのお住まいをインターネットのライブチャット〔テレビ電話〕や360カメラ、VR、ドローンなどの空撮で、日本、中国にいながらお住まいを内覧し、賃貸契約を結び、支払いも済ませた状態で、空港から直接ロンドンの賃貸物件に行って住んで頂くサービスです。 
 
Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 
drone-2724257_1920

  通常イギリスでは不動産屋は大家から費用をもらいますが、この場合はテナント様から費用を頂きます。ホテルに二週間入って、短い間でお住まい探しをするリスクと費用を考えると、バーチャルのパソコンの画面からお住まいを、探した方が確実に時間の短縮になります。

 smartphone-381237_1920

 
  実はバーチャルでの物件紹介は、特にロンドンの学生様、大学の教授既にある程度は始まっていますが、私が考えているのは、インターネットの、テレビ電話、バーチャルでの物件探し、「専門」の不動産紹介会社として立ち上げる事が革新的だと考えています。またこれにより、従来の不動産屋さんに一件一件、テナント様が連絡して、お住まいを探すのではなく、私のようなテナント様の立場になるリロケーションサービスを標準にすることが目的であります。
 リロケーション、テナント様の代理としてお住まい探しをする業種はすでに英国ではあります。
 
 
 ただ初期の料金がかさむため、通常大きな企業しか使われません。私の考えるビジネスプランはホテル代、サービスアパートメン代がなくなり、テナント様の代理人として行うサービスであり、トータルのコストダウンと時短になるようにお客様に努めます。
 
 従来の不動産屋がバーチャルでの物件紹介に足踏みしているのは、今まで物件を直接みせずに、決めた場合で痛い目を経験しているからです。
 
 実際、お住まいを見てみて、うさい、匂うなどの問題はバーチャルではわからないからです。しかしながら不動産屋がそんな物件をテナントに押し付けるのは、英国の不動産屋が大家の代理人であり、大家さんからお金を貰っている料金システムのためです。
 
 
agreement-303221_1280
 私の考えるバーチャルビューイングはお客様、テナント様からお金を頂きます。大家さんからはお金は頂きません。そのため変な大家さんの物件を紹介する必要がありません。
 
 お客様テナント様が納得できなければ、マーケットにあるすべての物件をバーチャルで内覧すればよいだけです。また自分が変な物件は排除すればよいだけです。不動産業界10年のプロが紹介するわけです。間違いありません。
 お客様は日本、中国にいらっしゃるロンドンに一年以上滞在予定の個人で契約される方を対象にします。料金は最初は物件の大きさによらず1000ポンド(13万円)程度を考えています。二週間のホテル代金が24万円程度と考えると、破格かと思います。
 またこの料金に、光熱費、住民税の名義変更、インターネット、固定電話、銀行口座の開設のお手伝いを含めます。私はこのシステムを自分でやるだけではなく、このサービス自体を大きくして、大手このビジネスパッケージを5年後に会社ごと売却したいと考えています。
 
  この三つのサービスは不動産関係という意味で共通していますが、もう一点共通が、〔時間短縮〕と言う事です。これはこの会社のスローガンでもあります。SIPです。
 
 

Speed is power, Speed is passion!!

 
 
 ホリエモンの「北海道独立宣言」の中で、レストラン経営のプロが言っていたスローガンです。 特にオフィスもいらないので、初期費用等は要らないことがわりました。ただ車は必要です。次回は会社名と会社の登録について書きます。会社のアセット自身は200ポンド(3万円)ぐらいではじめて見たいと思っています。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に投稿 コメントを残す

イギリスの町の名前の発音が難しすぎる件に関して:About the matter that the pronunciation of the name of the town in England is too difficult:

 最近こんなことがありました。彼女はまだ一年も満たない新人です。ロンドンにあるとある不動産屋です。彼女はあるお客様を担当していて、お客様はこのロンドン西部からそのお客様のオフィスへの公共の交通機関でどのように通勤されるか考えていた。で、そのお客様のオフィスの最寄駅が「embarrassment:エンバラスメント」ですと言った。そんな恥ずかしい地下鉄の駅の名前はロンドンには実在しない。あるのは”Embankment”というトラファルガースクエアからテムズ川沿いにある地下鉄駅で、名前の通り堤防があり、そこでテムズの水かさが上がるのを食い止めている場所だ。

capital-2653_640

 実はこんな名前の間違いはイギリスというか英語の複雑なスペリングがよくある。オフィスの先輩が、「ハンマースミス」からピカデリーラインに乗り換えた方が、、、」そんなハリウッドザコシショウか室伏広治が言いそうな地名はロンドンにはない。”Hammersmith”あのでかいジープのハマーの方が発音は近いと思う。

 次は単にお客様の勘違いですが、「日本の方がよく住んでいらっしゃるウェストアクションで住まいを探してまして、、」

ノース、イーストのアクションものもあるのだろうか。”West Action”はアクトンという発音する。そんな複雑な英国の町の名前を簡単に解説している動画があったので、下記を見てもらってもいい。

に投稿 コメントを残す

英国フルマラソン事情② full marathon in UK vol.2

 テムズ川で行われたフルマラソン大会の後、リッチモンドとリーバーリーで行われたはハーフマラソン大会に出場した。今回はリッチモンドで行われたフルマラソン大会の話をしたい。結論から言うと完走(と歩いたが)はしたが前回より15分程度だけ早い記録であった。時間15分だった。もともとの目標は完走(歩かない)、5時間を切る、サブ5だったので、失敗した理由を考察したい。

 

richmond

 フルマラソン大会に出場するのは2回目である。あれほど練習で30キロは走ったほうが良いといわれながらも、事前に30キロ走る機会はなかった。ただハーフの試合には出ていたので体はまあまあ作れていた。リッチモンドは比較的近いので朝の10時着で良いということで、7時頃に地下鉄と電車で向かった。

 前回リッチモンドのハーフマラソンに出場していたので、地理はよくわかっているつもりだった。駅からおりて、北側のオールドディアパークの方へ歩いて行ったが、あまり人がいない。マラソン大会の時は結構人だかりができるのだ。あんまり人がでないので、開催地の郵便番号をグーグルマップで入れてみると、ぜんぜん明後日の方角を示していた。アレと思って、よく見ると出発地点が全然違っていた。主催者がハーフとフルは違うのだ。リッチモンドフルマラソン大会の出発地点はリッチモンド駅よりは二つ駅がとなりのモートレークのほうが近い。また今回の大会はリッチモンドパークで行われ、前回の公園とは違う。イギリスは公園だらけなのだ。焦ってグーグルマップの到着予測時間を確認すると、間に合いそうだった。リッチモンド公園から30分ほど歩いて、出発地点に到着した。

 リッチモンドの公園は平坦だが、緩やかな坂はあり、比較的走りやすい。参加者は800名程度だった。序盤は大体真ん中当たりにつけ、半周したところで、2時間15分だった。あと半分ということを考えると、5時間をきるのは楽勝だった。そして30キロを超えたあたりである。ハムストリングに違和感が感じられ、誤魔化しながら走っていたが、つった。停止して足を延ばしながら、歩いて、また走り始めた。まだ三時間半もあったので、楽勝だった。そして足がまたつった。これを3回ぐらい繰り返して、少しでも走ろうとするとつるという状態になった。しかしまだ1時間以上もあった。余裕で5時間以内にゴール出来そうだった。つまり完全にわかっていなかったのだが、序盤がオーバーペースだったのだ。最後の1時間は速足で歩けば5時間はいけそうだと思った。だが結果5時間15分で間に合わなかったのだ。フルマラソンを走り切るには筋力と体力どちらもないと駄目なのだ。また体が絞れていなかった。余計な脂肪があったので、重すぎたのだ。次は7月21日のスティーブネージのフルマラソン大会に参加予定だ。5時間はきりたい。

に投稿 コメントを残す

イギリスの5G:5G in UK

 イギリスが技術的に日本より高いとは思わないが、5Gの実装にEEモバイルが先行して関して実装し(6月現在、ロンドン中心部ではすでに実装済み)、日本より半年以上早くなる。ロックフェスのグラストンベリーで大々的に広告され、その6月30日のフェスと一緒に一応の皮切りになる。

 主要都市、ロンドン、エジンバラ、カーディフ、ベルファスト、バーミンガムとマンチェスターが最初にサービスが始まり、その後2019年中にグラスゴー、ニューキャッスル、リバプール、リーズ、ハル、シェフィールド、ノッティンガム、レスター、コベントリー、ブリストルと続く。日本での5Gが来年春からの実装になると相当早い感じはする。

 

smartphone-1254108_640

 現在イギリスで売られている5G対応スマホは下記になる。

 

  • OnePlus 7 Pro 5G
  • Samsung Galaxy S10 5G
  • OPPO Reno 5G
  • LG V50 ThinQ 5G

 

 上記の中では、ギャラクシーが最上位機種になりそうだ。5Gに合わせて、リリースできたOneplusテクノロジーのものも大変良いスマホである。中国深センンの会社である。お店で試したが、ファーウェイと同様大変カメラの性能は良い。OPPOも広東の会社である。ただアイフォーンユーザーにとって、アンドロイドはなんか複雑な画面構成に思えるのだ。

 アップルは完全に出遅れ感があり、通常通りであれば、アイフォーンイレブンは9月のリリースになり、5Gの実装はほぼ間違いないが、実装に2ヶ月近く遅れる。4Gは大体下りが8M、ADSLのWIFI並みということであるが、5Gは4Gの100倍程度のスピードとなり、秒速300M程度になる。

 まだ私はアイフォーン8プラスの契約が9月まで残っているので、乗り換えはできない。アイフォーンは素晴らしいが、アップルの音楽アプリは大変に不満がある。曲が探しにくい、なんとかしてほしい。ただロンドンではアップルペイの方が便利なので、アップルを使っているが、アンドロイドペイの支払いの改善や、アップルウォッチ以上のアンドロイドのウェアラブルが出てくると乗り換えるのはやぶさかではない。アップルユーザーは潜在的に不満も感じているはずだと思う。

に投稿 コメントを残す

英国:ロンドン フルマラソン事情①Full Marathon in UK vol 1

    内容
  1. サイトには前のりしない。ウーバーでの朝からの移動が安価
  2. フルマラソン大会の前に30K走る練習をする。
  3. エネルギー補給用に液体ジェルを三つは持っておく。
  4. ハーフが走れれば、完走は確実。

running-78192_640

 

サイトには前のりしない。ウーバーでの朝からの移動が安価。

 

 ハーフマラソン大会に二回出場した。今回はウォルトン・オン・テムズというロンドンから南にあるところで初めてフルマラソンの大会に出場する。この大会は1110日のリメンバランスデイという第1次世界大戦の終結を記念して行われた。第1次大戦中の日本というと中国本土の利権拡大に躍起になっていたころで、第2次大戦のような大きな印象はないように思える。このマラソン大会のイベントとして、開催中の正午に走るのをやめて、1分間の黙祷があるという。この瞬間が鳥肌が立つので是非参加してね!というのがキャッチコピーになっていたが、実はそれにつられて応募したのではなく、自分のトレーニングの予定を考えるとこの日程がたまたま都合があっただけである。

 大会の一週間前にコースの下見にいった。その日は天気が大変良かった。出発地点のスポーツセンターからハンプトンコートまでの距離をテムズ川沿いを走った。かなりリラックスして走ったこともあって、意外に片道でも短いなという印象だった。

 

 そして試合当日である。今回は時間に確実に間に合うように、6時にウーバーを予約していった。お金はかかったが、前のりしてホテルに泊まるなど面倒なことは一切なしなので、結果として安上がった。前日は雨が降っていたが当日は快晴だった。しかしこれはあとから最悪なことに巻き込まれる伏線となっていた。

今までのマラソン大会は私のようなオリエンタル系、つまり白人以外の方も多かったが、今回は白人だらけだった。私は上記のリメンバランスデイの意味がよくわからずに、参加した変な外国人だったためである。紙の赤いケシの花を一ポンドほどの寄付とおもにつけるあの日である。あれは第一次世界大戦で亡くなったからへの追悼なので、外国人がつけてよいものかどうか毎年困る。運営からメガホンごしに、ルール説明があったが400人程度の参加者だったので、結構運営の人の声は届かなかった。その例の中途で一分ほど立ち止まるルールは分かったが、もう一つ嫌なことがなんとなくわかった。4往復しなければならないとうことだった。どうりで下見のときは早く終わったわけだ。走り始めると分かったが、前日が雨だったので道がグチョグチョになっていた。最初は水たまりを避けて走っていたが、走行距離と足への負担がかかるので、水たまりをつっぱしることにした。靴下が濡れて気持ちが悪い。

 マラソンのコースが、往復や折り返し地点がないコースというのは大変良いコースである。景色が変わり、新鮮に走り続けられる。しかしながら給水ポイントや、運営のメンバーの配置を考えるとどうしても折り返しのあるようなコースが良いのだ。しかしながら四往復は地獄である。ラットレース状態になるからだ。最初の往復は良かった。二往復目もまあまあ。そして三往復目に例の、リメンバランスデイの一分の黙祷時間が来た。運営が大きな笛を鳴らして、全員が走るのをやめる。なにもない。遠くで鳥のさえずりが聴こえる。

 

people-2592247_640

フルマラソン大会の前に30K走る練習をする。

 

 実はフルマラソンを参加する前に経験者のかたから、とりあえず練習で30キロを走っておくとよいですよとアドバイスをもらっていた。だが、そんな時間はなかった。30キロ以上走れるかどうかは、二つの問題を克服しなければならないという。一つは体力の問題である。もう一つは筋力の問題である。33キロの地点で体力が完全に枯渇した。まったく走れなくなった。最初は一キロ走って、一キロ歩いてというのを繰り返していたが、次は足がつってしまうという問題が生じた。最後の10キロは歩いてゴールした。5時間半かかった。次こそはと思いながらも、フルマラソンの後は一か月近くは休養しなければならなかった。

スポーツセンターでうまくもないハンバーガーとチップス食べたが、一時間以上茫然と動けなかった。

 

 

エネルギー補給用に液体ジェルを三つは持っておく。

 

 日本ならばウィダーインゼリー的なランニング用の糖分補給のものが、ホランドアンドバレットのような健康食屋さんに売っている。これは確実に三つは装備に含めたほうがよい。給水ポイントにある食べ物は試合によって、まちまちで水しか提供しない大会もあるからである。下記のようなものがおススメです。

 

ハーフが走れれば、完走は確実。

 

 走り切ることは今回は出来ませんでしたが、ハーフが走れるのであれば、あとは歩けばいいのですが、タイムリミットが通常7時間前後です。そのため30キロあたりまでで4時間半ぐらいの経過なら最後の10キロは歩いてでもゴールできます。

 

 次は走り切りたい。本当の意味での完走をしたいです。

に投稿 コメントを残す

ロンドンのプレイグループ最新2019版:London Playgroup 2019 Edition in Ealing

 プレイグループとは英国では、ナーサリーの入学が出来るようになる新生児から2歳までが通常対象年齢で、赤ちゃんと保護者が集い、歌を歌ったり、いっしょに遊ばせたりする機会をもうける集いで、通常二時間程度で終わります。ロンドン西部のイーリングエリアにお住まいの場合は、ノースフィールドの教会のものに最初にいかれると良いと思います。他の日本の奥様たちもいらっしゃいますので、いろんな情報がもらえるともいます。

 

kindergarten-504672_640

 通常,プレイグループは教会、チルドレンセンター、図書館の三つの施設で行っています。

 スクールタームのみ行うのがほとんどです。図書館、チルドレンセンターは基本無料ですが、教会で行なうものは、寄付金として1から3ポンドの支払いをお願いしている場合があります。

 プレイグループはお子様の教育にもよいですし、また赤ちゃんの子育てで疲れている奥様がコーヒーをのんでビスケットを食べたりして、ほかの近所の奥様方と歓談する休憩の場にもなります。私自身が娘の面倒を小さい時に面倒を見なければいけない時は、今日はどこのプレイグループがやっていたっけ?とうかんじで、スケジュールを見て通っていました。

  プレイグループがどこでどんなかんじで行われているかというのはかなりローカルな情報であいにく網羅的なホープページはないようです。ただ下記のウェブである程度郵便番号で検索できるようです。 教会系のものであっても、クリスチャンでないかたも気軽に参加できます。

お近くのプレイグループは下記で検索できます。

https://www.netmums.com/local/preschool-activities

 

 

 

W5(イーリング)

  

すみれ教室

 

場所:St Barnabas Millennium Church Hall, Pitshanger Lane, Ealing, London W5 1QG

時間:学期中の毎週木曜日, 12 時半から1 55分まで

費用:3.4ポンド

 

http://tuliplondon.org.uk/class%26group/sumire%20parent%20%26%20toddler-2.html

 

 

ECC日本語教会

 

場所:Ealing Christian Centre,268 Northfield Avenue,Ealing London W5 4UB

時間:木曜日(1000-1200

費用:1ポンド

https://www.eccj.org.uk/

 

なでしこ赤ちゃんミーティング+ひなぎく妊婦さんミーティング

 

場所:1 Charlbury Grove, Ealing, London, W5 2DY 

時間:火曜日 1時から3時の間

費用:不明

 

http://tuliplondon.org.uk/class%26group/nadeshiko%20baby%20meeting.html

 

 Ealing Abbey Toddler Group

 

場所:Ealing Abbey Church Hall, 2 Marchwood Crescent, Ealing, London, W5

時間:火曜日、木曜日945-1145

費用:3ポンド

http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/ealing-abbey-toddler-group

 

St Andrew’s URC Church

場所:Mount Park Road, Ealing W5 2RS, UK

時間:月曜、水曜、金曜 9:30-11:00

費用:1-2ポンド

http://standrewsealingurc.org.uk/

 

 Log Cabin – Start2gether: Stay & Play

 場所:The Log Cabin , 259 Northfield Avenue, Ealing , London, W54UA

時間:土曜日 1000-1200 

費用:0歳から5歳は無料 6歳から11歳は2ポンド

 http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/start2gether-log-cabin-stay-play

 

Pebbles at St Peter’s

場所: St Peter’s Church, Mount Park Road, Ealing, W5 2RU

時間:日曜日 900から

費用:TBC

http://www.stpeterealing.org.uk/pebbles.htm

 

Pitshanger Playcentre

場所: Pitshanger Park, Meadvale Rd, Ealing, London, W5 1lU

時間:月、金1010-1145 火、水1000-1145 水曜:1400-1630

費用:3ポンド(兄弟がいる場合は、さらに1ポンド)

http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/pitshanger-playcentre

 

St Mary’s Baby & Toddler Group

場所:St. Mary’s Church, St. Mary’s Road, Ealing, London, England, W5 5RH

時間:火曜日 930-1130

費用:3ポンド(家族全員で)

https://stmarysealing.org.uk/baby-and-toddler-group/

 

 上記代表的なものをあげましたが、W5のエリアのプレイグループは下記でもっと探せます。

https://www.netmums.com/local/search?location=w5&tag=preschool-activities

 

  

W13(ウェストイーリング)

  

Baby & Toddler Group At St Stephens W13

場所:Location: St Stephens Road, Ealing, W13 8HB

時間:月曜日(930-1115

費用:2ポンド

http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/st-stephens-parent-toddler-group

 

Kingsdown Babies and Toddlers Club

場所:Kingsdown Methodist Church Hall, Kingsdown Avenue, Northfields, West Ealing, London, W13 9PR

時間:水曜日 1300-1500

費用:TBC

 http://www.netmums.com/ealing/local/view/baby-toddler/parent-toddler-groups/kingsdown-babies-and-toddlers

 Quackers

場所: St John’s Church Mattock Lane West Ealing W13 9LA

時間:月曜日:945-1145

費用:2ポンド

https://www.stjohnandstjames.org.uk/quackers.htm

St Peters and Pauls Toddlers

場所: St Peters and Pauls Church, Leyborne Avenue, London, W13 9QZ

時間:水曜日:930-1130

費用:TBC

https://parish.rcdow.org.uk/northfields/

 

The Little Lounge Toddler Group

場所:The Salvation Army, Leeland Road, Ealing, W13 9HH

時間:月曜と水曜 1000-1200

費用:TBC

https://www.netmums.com/local/l/the-little-lounge

 

 

Tippitoes Playgroup

場所:Lammas Park Playcentre, Elers Road, Ealing, London, W13 9QD

時間:

9:30-10:30 Under 2’s
10:30-12:00 Under 4’s

9:30-11:00 Under 4‘s
14:30-16:30 Under 2‘s

9:30-11:00 Under 4‘s
11:00-12:00 Under 18months

9:30-11:00 Under 4‘s
11:00-12:00 Under 18months

14:30-16:30 Under 4‘s

9:30-10:30 Under 2‘s
10:30-12:00 Under 5‘s

費用:7ポンド

  

W3(アクトン)

 

W3のエリアのプレイグループは下記でもっと探せます。

https://www.netmums.com/local/search?location=w3&tag=preschool-activities

 

  

チルドレンセンター

 

チルドレンセンター(イーリングカウンシルによる)プレイグループの時間は、タームごとにかわりますので、下記ウェブサイトからご確認ください。ダウンロードのタブに最新のタイムテーブルがあります。

 

https://www.ealingfamiliesdirectory.org.uk/kb5/ealing/directory/results.action?sr=10&nh=10

 

 

 

Acton Park Children’s Centre


Acton Park, East Acton Lane, Acton, W3 7LA 
Tel: (020) 8743 6133
Contact: Aldeen James  
Email:
Aldjames@ealing.gov.uk

 

Log Cabin Children’s Centre 


259 Northfield Avenue, Ealing W5 4UA 
Tel: (020) 8840 3400 
Contact: Anita Jokun 
Email:
ajokun@ealing.gov.uk

 

 

Maples Children’s Centre


East Churchfield Road, Acton W3 7LL
Tel: (020) 8743 7128
Contact: Mia Ospovat
Email:
admin@maplesnursery.com

 

South Acton Children’s Centre


Castle Close, Acton W3 8RX
Tel: (020) 8992 0724
Contact: Bev Kellet 
Email:
admin@southactoncc.com
Website:
http://www.southactoncc.com/

 

Grange Primary Children’s Centre 


Church Gardens, Ealing, W5 4HN 
Tel: (020) 8799 2509 
Contact: Luiza Kane
Email:
LKane@ealing.gov.uk

時間:火、木  9.30-11.00

 

 

John Perryn Primary School and Children’s Centre

Long Drive, Acton W3 8EW
Tel: (020) 8743 5648 
Contact: Lindsay Hills 
Email:
HillsL@ealing.gov.uk

 

North Ealing Children’s Centre 


Pitshanger Lane, Ealing, W5 1RP 
Tel: (020) 8997 2653
Contact: Amanda Foley
Email:
FoleyA@ealing.gov.uk

  

Jubilee Children’s Centre  

Drayton Green Park, West Ealing 
Tel: (020) 8567 6251 or 07738 708 910
Contact: Sandra Warrick
Email: 
nbright@ealing.gov.uk or SWarrick@ealing.gov.uk

 

Hathaway Children’s Centre 

Hathaway Gardens, Ealing, W13 0DH 
Tel: (020) 8998 2479 
Contact: Guadalupe Poorman 
Email:  
PoormanG@ealing.gov.uk 

  

 

図書館 

 

図書館の催しは常時変わりますので、一度図書館にご足労頂いて、ご確認頂ければ幸いです。

 

Ealing Central Library

Ealing Broadway Centre, Ealing, W5 5JY

West Ealing Library

Melbourne Ave, London W13 9BT, UK

Acton Town Hall Library

Everyone Active Acton Centre, High Street, Acton, W3 6NE

 

 

ご質問等ございましたらツイッターでお願いします。@ejijyo

 

 

 

に投稿 コメントを残す

ロンドン イーリングカウンシル単身者住民税割引の申請の方法:How to apply for a single resident tax discount in London Ealing Council

ロンドンイーリングカウンシルでの単身者住民税割引の申請の方法の動画です。

 

ロンドンイーリングカウンシルでの単身者住民税割引の申請の方法の動画です。

単身割引が効いたあと、ご家族がいらっしゃった場合で、割引がきなないように戻すには、現時点ですと下記の電話か郵送での変更しかできないようです。

(020) 8825 9940 (24 hour) payment
(020) 8825 7050 (office hours: Mon-Fri,9am-5pm) enquiries, and 24 hour information

Postal address: Local Tax and Accounts Receivable, London Borough of Ealing, PO Box 1344, Ealing, W5 2BY.

https://www.ealing.gov.uk/info/201097/council_tax/579/contact_us_council_tax

 

 

に投稿 コメントを残す

ロンドン イーリングカウンシル住民届け:London Ealing Council To submit Moving in Notification

ロンドン、イーリングカウンシルでは住民届けが第三者が2019年初頭から変更できなくなりました。ご自身での住民届けの仕方の説明になります。

 

に投稿 3件のコメント

ロンドン イーリングカウンシルでのゴミの出し方。:How to dispose of garbage at the London Ealing Council.

ロンドン西部、イーリングカウンシルでのゴミの出し方を説明します。

mulltonnen-594412_640

ユーチューブ動画 イーリングカウンシルゴミ出し

https://www.youtube.com/watch?v=Twe6_1wztYQ




イーリングでのハウスタイプにお住いの方は、下記のようなゴミ箱があります。

 

  1. 黒:普通ゴミ
  2. 青:リサイクル
  3. 小さな緑:生ゴミ
  4. 大きな緑:ガーデンゴミ(有料)

普通ゴミ。基本的にはリサイクル、ガーデンゴミ、粗大ゴミ以外はなんでも大丈夫です。ごみ袋など特定の指定はありません。二週間に一回の回収。

 

リサイクルゴミ。紙、ダンボール、プラスチックのトレイ、ペットボトル、スプレー、缶、瓶がリサイクルできます。スーパーのごみ袋などに入れてはいけません。スーパーの袋がリサイクルできないからです。二週間に一回の回収。

下記、リサイクルゴミの詳細のリンクです。

https://www.ealing.gov.uk/info/201171/recycling_services/280/household_recycling

小さな緑

生ゴミ。コンポーザブルのごみ袋をスーパーなどで買って入れてください。週一の回収。

大きな緑

ガーデンゴミ、芝。落ち葉。イーリング地区は有料での回収になります。年間75ポンドになります。

 

下記から申し込みができます。

https://gwaste.ealing.gov.uk/gwaste/gw2.aspx

庭師さんを有料でお願いする場合は、庭師さんがゴミも回収してくれる場合がほとんどです。

 

イーリングカウンシルにお住いの方は下記のウェブから何曜日の回収か調べられます。

https://www.ealing.gov.uk/info/201167/rubbish_and_recycling/2015/find_your_rubbish_and_recycling_collection_day/1

 

 

ご質問等はツイッターでお願いします。@ejijyo