に投稿 2件のコメント

「ととのう」という感覚を求めてー5年ぶりの日本:サウナ道ー Sensation of “Totonou” in Sauna

 日本に五年ぶりに二週間近く帰ることになった。日本の運転免許証は海外に住んでいるなど、理由がある場合は、失効してから三年以内であれば、二時間の講義を受講すれば、再取得が可能であり、その期限が令和二年一月十五日だったため、どうしても帰る必要があった。ロンドンで起業(単に自営業者になっただけ)での運転資金をねだりに実家の家族に相談し、また日本国内のインターネットバンキングで海外送金できるように設定するすることが目的であった。

women-936549_640 この日本への一時帰国は家族帯同ではなく、私一人だったので、大変身軽に行動ができるはずだった。そのため私がこの間、やりたいことのTo Do list は五十のタスクを超えていた。

 日本の情報はYoutube 以外ではほとんど入手いていないが、私はオリエンタルラジオの「中田敦彦You tube 大学」の熱心なサブスクライバーであり、歴史、文学、哲学、経済などの情報はほとんどそこから入手しているのだが、その数あるエピソードの中でもっとも影響をうけたのは実は中田敦彦氏本人ではなく、ゲスト回である、相方の藤森慎吾氏が出演したときであった。

 

 その時の講義はサウナ道、つまりサウナの入り方であった。藤森氏がいうには、

サウナー> 水風呂ー>ベンチでぼーっとする

と、いうルーティンを繰り返すと、「ととのう」という別世界の大変気持ちいい感覚をサウナで味わえるということだった。

 水風呂は冷たすぎて、入ったことはなかったが、水風呂を入った後、五秒ほど我慢すると、体と水風呂の間に暖かい膜ができ、冷たい感覚がなくなるとのことだった。

 成田エクスプレスで新宿まで来て、いきなりステーキを立ち喰って、バスタ新宿で富山高岡への深夜バスに乗ろうとしていた。深夜、高速バスの値段競争がはじまっており、値段は五年前の半額以下になっていたが、このバスタ新宿というバスターミナルが、オリンピック前の北京駅のように人でごった返しており、ベンチに座れない人もいて、とても洗練された都東京とは思えない。バスの車内ではアルコールが飲めないということがわかり、コンビニで、ストロングゼロといわれる、アルコール9%の大変体に悪いとされ、流行りの飲み物をバスが来る前に飲んだ。美味くはない。

 話は横道に逸れるが、今回の日本帰国で、うまかったお酒は、新宿の鰻屋で飲んだ獺祭と、牛角のグレープフルーツサワーと、新宿西口ビックカメラの二階でお酒を試飲できるブースで飲んだアードベックぐらいで、基本的にはお酒はロンドンのパブのほうが圧倒的に美味くて安い。是非お酒好きはロンドンに来てください。(ただ上記の三つに関しては、ものすごく美味い酒でした。)

 話は戻って、実家の富山、高岡に帰って二日目に小学校からの友達にあった。彼は四人も子供がいるので、長女はすでに社会人2年目なので、毎回お土産はなんにするか悩みどころであった。今回は英語版モノポリーと、中田敦彦氏が作ったカードゲームZENOを持って行って、みんなでガチで熱中して遊んだ。テレビゲームでななくてもカードもボードも基本的には面白い!

 その晩である、高岡の江尻にある「陽だまりの湯」というスーパー銭湯に行く機会を友人の嫁さんが作ってくれた。入浴料は六百五十円。

 友人は仕事だったので、彼の高校生になる次男と一緒に入浴した。

 まず風呂でもシャワーでもいいが、サウナに入る前のコツとしては、水を飲む事、そして体の水分をできるだけ拭くことである。そうすると汗がかきやすい。友人の次男も私がオリラジの藤森氏の話を熱心に吹聴したので、サウナに付き合ってくれた。

 日本のサウナはテレビがあるので、結構長く入れる。その時はなんか売りあげのよくない、ボクシングチャンピョンをテーマにした飲み屋を十万円で改装しようというようなテレビ番組で、テレビを集中して見たいが、サウナにはせいぜい十二分を超えると限界にくるので、肝心な時にテレビの続きが見れなくなる。サウナの入室時間は人によってまちまちで、基本的には六分からながくても十二分程度とされているが、ようは汗がでてきて、もう無理と思ったら、出た方がよい。

 出た後は、流し水で体を流して、水風呂に入る。今回日本にいる間、五回ほど、サウナに行ったがサウナの温度は九十度で、水風呂は十八度から低いものでは十四度のものがあった。

 水風呂の入浴時間は三分程度だが、ようは最初の五秒のヒヤッっとする感覚を超えて、お湯の膜が体を覆って来て、すこし落ち着いたなという時に上がる。私の場合は、だいたい三分程度だったと思う。その後、水を飲んでベンチでぼーとする。その日はこのルーティーンを五回ほど繰り返した。気持ちは大変良かったが、「ととのう」という感覚になることはなかった。友人の次男も水風呂には慣れたようだったが、ととのったわけではなかったように思える。

 その後、東京に行く前日に、母と姉とでもう一度「陽だまりの湯」に行く機会があったので、再度そのルーティーンを三回した。しかし境地には達しなかったので、私の肉体は「とののう」事はないのだと完全に諦めていた。

 嫁(イギリス人)の弟が東京で英語を教えているので、巣鴨で会った。大学の時は池袋に住んでいたが、巣鴨駅に降りたことはなかった。刺抜き地蔵、商店街、居酒屋、庶民的な街で、愛着がもてる。

20191201_154545

 弟とガストで飯をくって、ポケモンGOのレイドを二回やって、その後彼のアパートを見学した。その日は日曜日だったが、次の日の小学校の授業が朝から早いというので、彼は私にそのあたりのスーパー銭湯「さくら 染井温泉」がこの辺りでは一番のお風呂だというので、紹介してもらった。道に迷った。巣鴨は墓地ばっかりなので、お化けでもでそうだった。ソメイヨシノと関係のあるこのあたりの温泉は、入浴料が千七百円ぐらいはしたと思うが、それはやはり東京、富山とは物価が違う。大変人気で入浴者がたくさんいた。東京の銭湯というと、火傷しそうなアツアツのお湯というイメージがあるが、そこは四十度から四十三度で大変ここちがよかった。牛乳のような白濁したお風呂があったが、これは人工的に泡を含ませているだけだそうだ。

20191201_210050

 中国人の観光客なのか、住んでいるのか、そんな人たちもいた。こんな経済的には落ち目な国ではあるが、お金を落として行ってくれるのは大変ありがたいことだと思った。もっとお風呂にでも、飯でも食ってください。

 ただ私の目的はもちろん風呂ではなかった。その日は東京に帰って二日目、前日は池袋の漫画喫茶でジョジョの四部を読んでいたので、あんまりちゃんと寝ていなかったせいもあるかもしれない。サウナに入って、水風呂に入って、露天風呂近くのベンチでボーとしていた三回目のルーティンの時である。突然だった。 woman-1974220_640

来た。きた、来た、キターア!

「ととのう」感覚が体に下りて来たのだ。別に気を失うというわけではないが、「ととのう」寸前の感覚は、若干気を失うような感覚が一瞬あったが、その後は大変体が、そして脳が満ちた足りた感覚に浸っていった。

 その夜は、巣鴨駅前のカプセルホテルに止まった。そこにもサウナがついていた。時差ボケのため、朝四時ぐらいに起床。そこから東大赤門までジョギングして、吉野家で朝食を食べてから、サウナに入った。一回のルーティンで「とののう」ようになっていた。体が「ととのう」事を覚えたのだった。

 ロンドンに先週から帰って来た。日本が恋しい。ロンドンでもサウナに行ってみたくなった。ただロンドン、サウナでググると「ゲイサウナ」と出てきて、大変敷居の高いものであることがわかった。プール付きのスポーツジムにはサウナもあるが、九十度ぐらいの高音の設定ではなかったように思える。しかしながら年末年始はドイツにいくので、その時は郊外の健康センターでまたサウナを楽しめる。それまではお酒も抜いて、事業、そして資産運用を頑張りたいと思う。また近いうちに本場のフィンランドでサウナに入って、川か池に飛び込むってあれもやってみたい。 

lake-baikal-3229733_640

 

広告
に投稿 コメントを残す

3万円でロンドンで会社でも作ってみよう① -会社の業態を考えてみよう-

 しばらくごたごたしてて、ブログをアップデートできてなくて、申し訳ございませんでした。ブログをはじめたときから決めていたのですが、ロンドンで起業します!! Yahoo!!

 お金もスッカラカンなのですが、意外にお金なくても会社なんか作れそうかだなと思い、起業の過程を記録できればと思います。今回は会社の業態について説明します。

 

board-2449726_1280

新しい仕事のニッチな発想

 皆さん立場も違うと思いますので、簡単に私の諸事情を説明させていただければと思います。北京で修士課程を取得後、十年ほど英国の日系の不動産屋で働いており、嫁がイギリス人で働けるビザはもっています。

 起業にあたって、発想が必要ですが、すでに確立している業種への参入は、競争が大変になります。いままでにない業種が良いと思いました。
 参考にしたのは、『ブルーオーシャン戦略』です。一読されても良いと思います。会社といっても最初は一人です。不動動産に関する3つのサービスをロンドンで立ち上げます。私の業態を公開するのは、業態自体は誰でもコピーできますが、それを行う人材が私以外にできないと確信しているからです。
 

 
 

掃除のサービス

 

A:日本のテナント様のお家の日常的な清掃

 
 ロンドンにお住まいの日本人宅の日常の清掃サービスをします。駐在員の方は忙しいので、掃除もできない状況にもなります。リフレッシュした環境は大事です。これは一時間25ボンド程度(3千円程度)を想定してます。日本の業者がある程度はいますので、それほどブールーオーシャン(未開拓の市場)ではないですが、しいて言えば、私が不動産管理の経験がありますので、掃除以外に、切れたライトバルブの設置、スモークアラームのバッテリーの交換、ちょっとしたハンディーマンワークもできるので一緒に行えるというのがセールスポイントです。お客様はロンドンに住む日本人のテナント様を想定しています。
 
 

B:業者の退去の掃除後に、一定期間空いてしまった物件の再清掃

 
 賃貸契約の契約開始前のちょっとした掃除と、物件のチェックのサービスです。実は掃除のサービスはBを想定して考えつきました。
 
   賃貸物件はテナントさんが退去してから入居まで、うまくいかないと一カ月ぐらい空いてしまいます。退去の際に業者の、掃除はするので、結構、綺麗ですが、一カ月も空室になるとホコリがたまります。家主によっては海外にいたり、面倒くさがってしません。掃除機がけぐらいはしないと汚くなります。
 しかしながら専門業者の料金が250ポンド(3万午前円程度)の業者が多く、これはもっと安価で簡単に、そして早くできるニッチな掃除のサービスが必要だと思いました。このライトクリーニングのサービスと、最初から綺麗に住めるテナント様、埃っぽいというので文句をいわれない不動産屋、Win✖︎3の三つお得なサービスです。お客様はロンドンのすべての不動産屋を想定しています。
 
industrial-1636397_1920
 
 

B+を受けられるお得なサービス

 
  Bのサービスにはライトクリーニングのサービスのほかにちょっとした親切なプレゼントがあります。入居前には洗濯、ボイラーが動くかどうか、食洗機の動作確認、ライトバルブが全部つくかなどの確認をします。
   不動産屋はBのサービスを家主に営業して売り、代わりに不動産屋が代わりにしなければならないサービスB+無料で受けられます。またこのサービスには、物件の状態の簡単なリポートと電気、ガス、水道のその時のメーターの記録が付きます。また不動産屋の営業員は紹介してくれたということでアマゾンの10ポンド程度の商品券を貰えます。
 
   私はこのBとB+のサービスを、不動産屋にいて無料で提供してました。というのもしないとテナント様にお叱りをもらう為です。事前に掃除をしていて、お金も貰えたら、いいなと思っていました。
 
 今年からですが個人契約の第三者の物件チェックの費用がすべて大家さんの負担になりました。(法律施行前までは大家、テナント様の折半でした。)     
 
 今後、特に今年は家主が第三者の物件チェックの費用をうかすのに、しなくなります。そのためこのようなB+の記録は、あると役立ちます。すでにチェックインの時に電気、ガスのメーターリーディングをとっていなく、問題になっている件もございます。
 
  このA及びBのサービスは、正直に言ってお金もあまり稼げるとは思っていません。単価も安く、時間も絶望的に消費します。ただ安くはありますがすぐにお金に結びつく事と自分の会社の名前を広める為に9月から始めたいと考えています。
 
  Bのサービスは住まいの大きさにもよりますが、一回100ボンド(一万五千円程度〕程度にします。安すぎる場合は、後で調整します。
 
document-3271743_1920
 

物件管理と新しい料金システム

 
  物件の管理が必要な家主はたくさんいます。またこの業界は既に①のような新しいビジネスではなく、たくさんの競合が沢山いるレッドオーシャンです。
  しかしながらどこの業者もいえる事は、料金を年間の家賃の5%から8%ぐらいもらい、更に物件に何か問題が起こるとお金を家主からもらっています。私はこの料金システムを刷新したいと考えています。
 
  この料金システムだと、物件管理会社にとっては問題が頻発する物件は逆に儲かり、さらに家主は費用がかかります。本来不動産管理とは、物件に問題がないように未然に防ぐ必要があります。
   
 つまり問題があらかじめ起こらないような物件の管理システムが必要でと考えております。問題が一年を通して、なかった物件には報酬として高く不動産屋に入るようなシステムが必要です。そして結果として家主も無駄なお金の節約になるような料金体系です。
  もし問題がなければ、8%家主は管理会社に報酬として払い、問題が起きれば、基本料金が7%から5%まで下がると言うものです。
 また大家さんも得するように、未然の修理に関しては、業者への人件費のマージンなしの無料にします。未然に問題が解決できれば、日曜日の朝から水漏れ騒ぎで駆けつける必要もなく、時間の節約になります。事前の修理であば、時間はいつでも決められますので。
  
  ただ②に関しては、現在の会社と競合してしまうので、新規の問い合わせ以外は、しばらく放置で、半年後からゆっくり始めます。この料金体制はどこの業者さんでもコピーできます。是非真似をしてください。多分その方が世のかなにとって良くなるはずです。
 
 大体年間で一件の物件で年間600ボンド〔9万円程度〕になります。お客様は海外、ロンドンから遠く離れたところにお住まいの家主を対象にします。これからの会社の規模によりますが、一人で行うのであれば50件程度が限界かと思っています。
 
despair-513529_1920
 
 

バーチャルでの物件案内

 
  この③が私が本当にしたいビジネスの骨子です。イギリスで賃貸物件を探す場合、空港に着いて2週間ほど、ホテルかサービスアパートメントに滞在して、お住まい探しをします。つまり住まいが決まっていない不安定な状態で渡英して、限られた時間で住まいを探すのが一般的です。
 
 僕が考えているサービスは、日本のそして中国のロンドンに渡英されるかたのお住まいをインターネットのライブチャット〔テレビ電話〕や360カメラ、VR、ドローンなどの空撮で、日本、中国にいながらお住まいを内覧し、賃貸契約を結び、支払いも済ませた状態で、空港から直接ロンドンの賃貸物件に行って住んで頂くサービスです。 
 
Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 
drone-2724257_1920

  通常イギリスでは不動産屋は大家から費用をもらいますが、この場合はテナント様から費用を頂きます。ホテルに二週間入って、短い間でお住まい探しをするリスクと費用を考えると、バーチャルのパソコンの画面からお住まいを、探した方が確実に時間の短縮になります。

 smartphone-381237_1920

 
  実はバーチャルでの物件紹介は、特にロンドンの学生様、大学の教授既にある程度は始まっていますが、私が考えているのは、インターネットの、テレビ電話、バーチャルでの物件探し、「専門」の不動産紹介会社として立ち上げる事が革新的だと考えています。またこれにより、従来の不動産屋さんに一件一件、テナント様が連絡して、お住まいを探すのではなく、私のようなテナント様の立場になるリロケーションサービスを標準にすることが目的であります。
 リロケーション、テナント様の代理としてお住まい探しをする業種はすでに英国ではあります。
 
 
 ただ初期の料金がかさむため、通常大きな企業しか使われません。私の考えるビジネスプランはホテル代、サービスアパートメン代がなくなり、テナント様の代理人として行うサービスであり、トータルのコストダウンと時短になるようにお客様に努めます。
 
 従来の不動産屋がバーチャルでの物件紹介に足踏みしているのは、今まで物件を直接みせずに、決めた場合で痛い目を経験しているからです。
 
 実際、お住まいを見てみて、うさい、匂うなどの問題はバーチャルではわからないからです。しかしながら不動産屋がそんな物件をテナントに押し付けるのは、英国の不動産屋が大家の代理人であり、大家さんからお金を貰っている料金システムのためです。
 
 
agreement-303221_1280
 私の考えるバーチャルビューイングはお客様、テナント様からお金を頂きます。大家さんからはお金は頂きません。そのため変な大家さんの物件を紹介する必要がありません。
 
 お客様テナント様が納得できなければ、マーケットにあるすべての物件をバーチャルで内覧すればよいだけです。また自分が変な物件は排除すればよいだけです。不動産業界10年のプロが紹介するわけです。間違いありません。
 お客様は日本、中国にいらっしゃるロンドンに一年以上滞在予定の個人で契約される方を対象にします。料金は最初は物件の大きさによらず1000ポンド(13万円)程度を考えています。二週間のホテル代金が24万円程度と考えると、破格かと思います。
 またこの料金に、光熱費、住民税の名義変更、インターネット、固定電話、銀行口座の開設のお手伝いを含めます。私はこのシステムを自分でやるだけではなく、このサービス自体を大きくして、大手このビジネスパッケージを5年後に会社ごと売却したいと考えています。
 
  この三つのサービスは不動産関係という意味で共通していますが、もう一点共通が、〔時間短縮〕と言う事です。これはこの会社のスローガンでもあります。SIPです。
 
 

Speed is power, Speed is passion!!

 
 
 ホリエモンの「北海道独立宣言」の中で、レストラン経営のプロが言っていたスローガンです。 特にオフィスもいらないので、初期費用等は要らないことがわりました。ただ車は必要です。次回は会社名と会社の登録について書きます。会社のアセット自身は200ポンド(3万円)ぐらいではじめて見たいと思っています。