カテゴリー
未分類

英国ジム事情 Gym in UK

 体系の変化は、不健康であり、経済的ですらない。服一式買替は無駄遣いだ。

   これは自分に合ったジムを見つけるためにグレートブリテンを熱く駆け抜けたメタボリックシンドローム予備軍の物語である。

   ジムやプールに行く事は、経済的負担もさることながら、限られた時間を見つけるのも大変だ。体系が気になるなら、ランニングにいくのが最初のステップ。寒く変わりやすいロンドンの天候は貴方の目標を打ち砕くためにはうってつけだ。体力がないと免疫が下がり、風邪をひく。そうなるとジムにでも行こうかとなる訳だが。

  無料体験を使い、ジムにはプール付きとそう出ないもの、そして料金プランが異なる事、調査は怠らなかったが、その代償として、大量のスパムメールとセールスの電話が鳴りやまなくなる。Aというジムもお試しで体験が出来るとの事。Aはよく見かけるジムのウェイトの器具とは異なり、バッドモービルのような黒光りする巨大装置があり、一見しても全く使い方が分からない。激しい運動を誘発する感じの音楽がジムの空間には流れない。奇妙なくらい静かだった。音楽を聴くことを禁止されている。重いウェイトの設備が時たまガチャーンと聞こえる。トレイニーは黙々と時計をみて、器具を動かす。湯気が肩から湧いている。受付で一つ手ぬぐいを渡される。装置に体を乗せられ、固定される。身動きがとれない。そこから時計をみて同じ胸筋の動作を一分間繰り返す。今までかいたことがない汗がお尻からでる。不思議な感覚だ。装置を三つぐらい試させてもらった。そのジムの厳格な雰囲気は悪くない。受付に戻ると料金プランの説明を受ける。六か月、一年、二年前払い三つのプランがある。結果を見せたいので少なくとも半年のコミットが必要だそうだ。二年プランは割安だが、本当に二年も続けられるのだろうか。自信なんかある訳がない。

   その後Bというジムにいった。ビジネスマンが昼休み、帰宅前に通うような普通のジムだった。Aより割高感はあるが、二か月の通知で退会できる。音楽も聞こえるし、携帯で音楽を聴くのも禁止されてはいない。器具は自由に使えるのだが、大きな設備も沢山があるのだが、その割にはインストラクターが少ない。声をかけて、器具の使い方教わるほど、積極的な性格ではない。自分で使えればよいのだが。

   

  Cはボクシングジムだった。料金は一回ごとに支払わねばならなく、無料期間がない。一時間みっちりとサーキットトレーニング、及びボクシング、筋トレをさせられる。その時、事件が起きた。スニーカーも悪かし、ジムの床も悪かった。滑ってしまい、クランチの時に、腹筋を肉離れを起こした。よくあるイギリスの安いスニーカー問題だ。靴底が相当悪い。五十ポンド以下のものは、有名なメーカーであっても、気を付けたほうがよい。むしろ有名メーカーなのに安いのが怪しいと考えたほうが良い。無名なのほうがまだましだ。

 事件から一年が経った。腹筋はすでに回復していた。駅前ではバナナを配っていた。リーフレットを一緒に渡された。そこにはジムの無料体験ができると書いてあった。バナナ一本が目的で何度も何度もそのリーフレットをもらった。リーフレットをオフィスの机の前に置いて置くと、行ってもいいかなと考えるようになった。広告の力とは資源の無駄遣いで成立するのだ。

  そのジムはクラスが四十五分毎に組まれており、ズンバ、ヨガ、ウェイト、クランチ、八十年代のダンス、自転車、ボクシング等から選べる。一か月間は無料だが、翌月は前払い、つまり二か月縛りだった。コースの単価で考えると割高だが、契約は善良に思えた。クラスでは自分のペースでトレーニングができない。みんなで一緒に運動をするというのは正直大変が、一人でランニングや器具をつかっていたのとは、比較にならないぐらいどっさりと汗が出てくる。今はそこに通っているが、まだ二か月目なので飽きたらまたほかのジムを探すのかもしれない。視聴率が取れずに急に打ち切りになるアニメと同じ結末、いわゆる「オレタタ」エンディングなのだ。俺たちの戦いはこれからだ!

カテゴリー
未分類

イギリス料理の代名詞 Signature food in UK

日本に嫁と旅行に行ったとき、イギリス人の彼女はふとつぶやくように言った。どこにいっても日本ではイギリス料理が食べれてよかったわと。なんのこっちゃチンプンカンプンである。イギリス料理というと例のフィッシュアンドチップスなんて頭に描いているから、日本でそんなものどこにもないぞと思ってしまった。原因はホテルの朝食で洋食を選ぶと出てくる、目玉焼き、スクランブルエッグ、ベーコン、パン等とコンビニ等で売ってっているサンドイッチのことだ。それをイギリス料理だなどと言えてしまう程、言うほど、加工していないではないかと思ってしまう。


 しかしながらだ。サンドイッチはその名前が示す通り、イギリスの第四代サンドイッチ伯爵ジョン・モンタギューの名前からとられ、彼が発明したとされている。一七一八年に生まれ、十歳でサンドイッチ伯爵の称号をついだ。彼がサンドイッチを発明した説は何通りかあるようだ。だが一番有力とされるのは、彼がギャンブル好きのため、長時間続く賭け事に夢中なあまり、食事でギャンブルを中断するのを嫌い、トランプを続けながら食べられるように、肉を二切れのパンに挟んで持ってきてくれと注文したということから始まったとされる。ほかのギャンブラーたちもこれは名案だと思い、「サンドイッチと同じ奴」というのが縮まってサンドイッチになった。ちなみに日本人の海外旅行の定番とされるハワイは十九世紀終わりまでサンドイッチ諸島という名前がついており、トーマス・クック船長が現在のハワイを発見した際、実はこのギャンブル好きの伯爵がパトロンだったためである。


 この話を聞いて思い出したのが大学の友人が話してくれた「衣笠ラーメン」のことだ。彼は大学の教職実習のために母校に戻った際にまだあったので驚いたという。このラーメンは別に彼の田舎の名産ではない。ただ彼の母校、高校の食堂にあるメニューである。当時学校の食堂にラーメンがなかった。それで当時の生徒会長が食堂に依頼して作ったメニューがラーメンだった。全くほかに当時問題がなく平和な時代だったのだ。ちなみにその生徒会長の名前は衣笠ではなく、森君だった。衣笠君は副会長だった。ラーメンの試食販売発足後、衣笠君は受験勉強、生徒会、しかも彼はサッカー部だったので忙しかったのだ。彼は折角出来たメニューのラーメン促進のため、もちろん食堂では毎日のようにラーメンを頼んだが、彼はあいにく異常なくらいな猫舌だった。そのためトッピングに二つの冷たい納豆と生卵を頼んで、それを小皿で混ぜて、アツアツのラーメンに少しでも冷まそうとしてぶっかけて食べた。彼は熱くなくなったラーメンを五分で食べその後の昼食の休憩を勉強等に使っていたのだ。それがたちまち流行って衣笠ラーメンと名付けられたのだ。ちなみにメニューにはないが、衣笠うどん、そば、牛丼など頼めば当時は出てきたと言う。

 現在のロンドンでよく昼食に食べるサンドイッチといえば、プレタ・マンジェがその一つである。名前がフランス語なのでイギリスのチェーンではないように思われがちだが、ちなみに一号店は八十四年にハムステッドの商店街からはじまった。ちなみに意味はready to eatである。現在の対抗会社であるEAT.は九十六年にチャリングクロスで発足している。対抗会社とは言いながらも、EAT.といえばサンドイッチではなく、スープのイメージが強い。スープを頼む前に試食させてくれるのもありがたい。一方プレッツ(プレタ・マンジェ)というとやはりサンドイッチだ。とくに私が好きなのはマチュアーチェダーアンドプレツピックルだ。お漬物とチーズのコンビネーションが絶妙である。プレッツのミソスープはイマイチである。


 私の直の上司はイギリス人なのだが、彼は昼食時パンにハムとかロケットとかをいれてそれだけを毎日のように食べている。当時マックス・ヴェバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を読み返していたせいもあり、これはプロテスタント的なイギリス人精神を学ぶための修行であり、またさらに昼に安上がでお金が貯まれば、ありがたいと思い私も真似をしてみようと思ったのだが、一週間もしないうちに挫折してしまった。

 

 ああ、バリエーションの大切さ、食の尊さ。舌がなにか他のものを欲している。もし日本食、中華と韓国料理が世界からなくなたとして、毎日何かを食べ続けなければならないという状況にいたった場合、私ならスペイン料理、またはイタリア料理を選ぶ。間違ってもイギリス料理ではないような気がする。カレーライスなら毎日食べられる。牛丼もありだが、もし本当に一食だけと縛りでであれば、松屋のカレー牛にしたい。

 

カテゴリー
未分類

英国交通事情 恐怖の路上駐車! Fear of Street, Parking in UK.

 イギリスに到着して、日本大使館に出向き申請用紙をもうらう。DVLA(運転免許センター)に日本の免許を送付する。2週間後に運転免許センターからEUの運転免許が送られてくる。

 日本の方が車を運転したいなら、イギリスに来て最初にする手続きです。そしてイギリスでの交通ルールを知らないまま、まあ同じ左側通行だしなんとかなるもんでしょうみたいなノリで運転しているヤカラが沢山います。そう心配しないでください。実は私もそんうなんです。幸いにも大きな事故はありませんが、11年中、2回ほど対物の保険沙汰はありましたが。

 当初義父(訳あって、私イギリス人と結婚しまして)に、「お前はイギリスで自転車にちゃんと乗れるから車も運転できる」と意味不明のアドバイスをもらい、いきなり路上を経験した私ですが、やっぱりいろんな罠と計謀が大英帝国の路上にありました。認識不可能な標識や若干浮き上がったこぶ(バンプ)はまだしも、ふたつの鉄のポールが立った狭い間を根性試しさせられるトラップに至っては何度サイドミラーをペコンとさせられたことか。

 今なら義父の発言の意味がわかります。イギリスでは自転車の運転も車の運転ルールを守らねばならず、若かりし日にロンドンからオックスフォードを経由し、ストラトフォードアボンエイボンまで自転車でA40をそのまま西北西に、『AtoZ Map』を片手に突き進んでいった私を覚えていてそう言ったのでしょう。ところが肝心の当人が交通法規なるものをちゃんと理解していたかは疑わしく、モーターウェイ(料金所のない高速道路)をなんかちょっと危ない道だなと思いながらもつきすすんだだけの知識で実際、イギリスの公道を車でやってのけることといえば、アイドルグループSMAPと防寒用の下着のスパッツ、モト冬樹とニコラスケイジの違いのようなもので、実は似て非なるものなのです。

 といっても、『地球の歩き方 イギリス』とかに書いてあるラウンドアバウトの入り方と制限速度を知っておけば基本的には日本の自動車学校で習得した技術を巧みなく発揮し、イギリスの路上をサバイバルすることは可能なはずです。

 ただひたすらですが、イギリスの公道での駐車が大変難しい。特にコンジェスチョンチャージエリア(混雑税がかかるエリア)では。最近罰金がかさむことに気付きました。そのお金でいったい何が買えたかと後悔する暇もなく、また罰金を喰らうという悪循環が続きました。

 路上駐車の罰金が信じられないほど高いです。このシステムのためにどれだけの大和の民、そして他の外国人がこのイギリスでパーキングワーデン(路駐監視員)の生活を養うことに貢献しているかを考えれば、ヒースロー空港の入国審査で、「あ、君は今月120ポンド路駐の罰金を支払ってるから、君はよくやってくれた」と言って、あの税関での長い列から開放してすぐにゲートを通してくれて、さらにファーストクラスのランジに通されて、ボウモアかシーバスリーガルみたいなシングルモルトのスコッチウィスキーの御もてなしなんかあって、そしてマッサージチェアなんかでくつろいで、忙しなく税関をスルーする、ただただつまらないイギリス人や欧州人を見ながら、さすが英国ですね見たいな会話をアメリカ人なんかと、お前も俺と一緒で、いっぱい罰金払ってる貢献人かい!今月はいくら?エグいな、みたいな、くつろいだ空間が生まれている!なんて、そんなファンタジーな世界ではないんです、現実は。

 路上駐車をするには、パーキングメーターにお金を入れるか、在住で常に一定の場所で路駐するには路上駐車許可証: Resident Permitが必要で、それを取得するにはご自身が住んでいるカウンシル(地方自治体)にお金を払って、申込書と一緒に車の保険や、車の所有証明、住所の確認として賃貸契約書などを提出します。それで自宅周辺の決められたゾーンでパーキングができます。ケンジントンチェルシー区の場合、区内はどこでも駐車が可能なので、例えばノッティングヒルに住みながらハロッズに車で行って路上駐車することも可能です。

 私が車を持って一ヶ月、路上駐車許可なしでカムデン地区をサバイバルすることができました。というのも自宅のそばにある看板は「朝8時半から夜の6時半、月曜日から金曜日までは路上駐車パーミットが必要です」という意味だからです。逆に言えば月曜日から金曜日の夜の6時半から、朝の8時29分59秒までと土日はパーミットがなくても駐車可能なのです。朝一で仕事に車で出かけて夜に帰宅する私にとっては、基本的に路上駐車許可が必要なかった訳です。

 あくる日、風邪を引いてしまい、そのため朝11時に起きたときには路上に車はなく、カウンシルにレッカー費用として280ポンドを支払うはめになりました。事務所に行って、腹痛で一時間ほどトイレにこももるしかなかったとかなんとか言い逃れをしようとしたのですが、彼らは8時40分にチケットを切ったこと、その2時間後にクランプをタイヤにはめたこと、さらに1時間後にレッカーしたことを淡々とターミネーターのように無機質に説明するばかり。うなぎと梅干、巨人と阪神、トットナムとアーセナル、TBSジャンクの深夜ラジオを愛する浪人生とニッポン放送を愛聴する現役高校生がそうであるように、犬と猿の関係である我々は、その対象とは決して深交を結ぶことはないことを今ここに明確に認識したのであります。その翌日遅ればせながらカウンシルに路駐許可を申請してきました。

 次回は路駐監視員とも共存できる住み良いロンドン生活の実現に向けてこの執拗な取締りから具体的にどのように逃れるかということを科学的かつ平易に御紹介できればと考えております。『地球の歩き方 イギリス』ではロンドンのような大都市では駐車場はみつけにくいので、なれないうちは車での乗り入れは控えようとアドバイスがありました。

 
カテゴリー
未分類

英国洗濯事情 Laundry in UK

 去年からジョギングする習慣が続います。

 

 

 リージェントパークを走って、北側にあるプリムローズヒルの丘まで行く。ロンドンが一望できる。BTタワー、遠くにはセントポール大聖堂、奥にはミニきゅうりの形状のガーキンと呼ばれる楕円形ビル、カナリーウォーフの近代的な高層ビル群。何度見てもシャードのタワーの先っぽは途中で資金が尽きた、作業終了しない建築のように思えます。ちゃんと上も閉じて欲しい。そんな息を吸い込めば、肺に氷のような冷気が感じられるロンドンのよくある朝。ランニングジャケットの下の肌がシャツに触れ擦り合わさる。かゆい。異常にかゆい。家に帰って肌を見るとたしかに皮膚が赤くなっていた。洗剤が体にあっていない。今回はイギリスでの洗濯の話をします。

 

 

 イギリスの水道水は硬水です。日本から洗剤を持ってこられた方はすぐに使わずに処分してください。詰まって洗濯機が壊れる原因になります。近くの英国のスーパーでお買い求めください。

 ロンドンの洗濯機は、ドラム式がほとんどで、通常キッチンにある場合が多いです。洗濯のプログラムはたくさんありますが、通常40度の温度設定、カラー、コットンのノンファーストモードを使います。タイムセービングとかエコノミーモード,クイックモードと呼ばれる一時間程度の設定がありますが、これは洗濯の量を少なくしないとすすぎが完全に出来ません。私の痒みの原因はこのタイムセービングモードのせいでした。

 

 

 

 洗濯にやたら時間がかかるように思える人は、縦型の洗濯機しか使ったことがないのかもしれません。ドラム式洗濯機は日本であっても若干時間がかかるようです。通常の設定であれば、一時間半ぐらいでしょうか。洗濯の服からの痒みを取り除くため、現在ではノンファーストのプログラムの後を使用、さらにすすぎ(Rinse)をもう一回だけ余計に手動で設定するようにしています。

 

 

 

 ロンドンで洗濯洗剤を買う際に、バイオ(Bio)とノンバイオ(Non Bio)の二種類があります。これは酵素入りか、なしかの違いです。酵素にアレルギーがある人、特に赤ちゃんの服を洗う際に、ノンバイオの洗剤を使う事が多いようです。

 

 

 縦型は水道をたくさん使用し、服と服をこすり合わせて洗濯します。泥汚れなどの固形の汚れを落すのに良いようです。逆に服を絡ませて痛め、また取り上げるときに服が絡まっていて干すのが面倒なのが弱点。

 

 ドラム式は叩き洗いと呼ばれ、服を上から下に落として洗うため、服の痛みがあまりなく、使用する水道量も洗剤の量も縦型より少ないのがメリット。悪い面として腰をかがめて服を取り出すのが面倒かもしれません。ドラム式は回転して、上から下に服を叩きつけて汚れを落とす構造のため、服を入れすぎると汚れが落ちません。服の量がいくら入るのかという目安として、キロで乾いた服の総量で表されるのは英国でも同じです。しかし現実的には服の総量をわざわざ測ることはしないので、服をドラムにフンワリ入れて七割以下にすると良いです。

 

 洗濯乾燥機の一体型の場合で、乾燥モードも利用する場合は服の量をさらに少ない4割ほどにした方が、乾きが良いです。ただ乾燥モードの電気代はかなり使います。

 

 バスルーム、トイレの周りに置くバスマットが特にそうです。毛がたくさんあるようなものを洗濯すると、フィルターが詰まり、水が流れなくなります。

 

 こんな時は無理やり、ドラムの蓋を開けないで下さい。フィルターの掃除が必要です。フィルターの掃除は大掛かりです。通常フィルターは洗濯機の左下または右下にあります。プラスチックのカバーで隠れているため一度そのパーツを外す必要がある。フィルターを開ける際には、チリトリのような水を受けるものがあると良いのですが、水が溢れる可能性もあるので、バスタオルのような水を吹く準備もした方が良いと思います。フィルターの横に水だけを流す黒いホースの模様なものがあるとラッキーで、水だけを先にバケツなんかに流しておけます。

 

 

 フィルターのネジをゆっくり開けて、水が漏れてくるとそれをチリトリで受けて、水がいっぱいになるとシンクに捨てて、それを繰り返し、水がなくなるとやっとシリンダー型のフィルターを取り出せます。そこに毛が詰まっていて、水が流れなくなっているのです。フィルターの掃除は、水漏れが非常に怖いので、やるときは二、三枚のバスタオルを置いておいて、いざ水が床にこぼれる時に備える必要があります。あいにくですが駐在員の奥様のやるような仕事ではないと思います。旦那様にお願いするのが良いかもしれません。

 洗濯機のフィルターは通常自動で掃除するシステムがついているので、頻繁に掃除する必要はありません。詰まった時だけ掃除する必要があります。

 

 扉を開けてドラムと外を接続している、ゴムパッキンは非常にカビ安く、退去の際に家主と問題になりがちです。ご入居前からすでにカビているものも多いかと思いますが、綺麗な状態であれば、その状態を保っておきたいものです。洗濯をしたら、扉をしめずに開けておいて、またゴムの部分に貯まる水を拭っていただくと綺麗に使えます。

 洗濯機を使用し、二、三日いそがしくて服を取り出さないでいると、ゴムパーツに確実にカビています。ゴムに移ったカビは拭ってももう手遅れです。パーツを交換するしか方法がないです。

 

 

 

 

 洗濯洗剤は、粉のもの、カプセル状のもの、液体のものとありますが、特に私は液体のものをオススメしています。粉のものは、左上にある、フィルターを汚ごしてしまい、掃除が面倒です。またカプセルはドラムの中に直接入れれて便利ですが、たまに爪でカプセルを割ってしまって、使えなくなるのが弱点なので、液体がオススメです。液体タイプは通常プラスチックの蓋がついており、その蓋に液体を流して、蓋ごとドラムに入れます。使った蓋は次に使うのに保管しておきます。

カテゴリー
未分類

2019年 ロンドンの賃貸物件 家賃高っ! Rental Price in London

 車の運転がしたかったらと言う理由で賃貸の不動産コンサルタントになり、ロンドンで11年が過ぎようとしています。ブレクジットの不安定な情勢の真っ最中で不安になり、なんとなく気が紛れるかもしれないと思い、ブログを初めて見ました。

 

 

 2019年の現在でもロンドン中心部で1DK(One bed room)、45平米前後で大体1800ポンド、27万円ぐらい。ワンルーム、1K、(Studio)35平米前後であっても1400ポンド、20万円ぐらいはします。ロンドンは海外からの留学生が多いですが、学生はほとんどが大学の所有する寮に入るか、寮にたまたま入れても、それは最初だけで後からシェアのフラット(集合住宅)かハウスに賃貸して住まなければなりません。一人で賃貸するのは親が相当な資産家ぐらいであまり一般的ではありません。

 

 今から7年ほど前に、オックスフォード大学を卒業したエリートで、JPモルガンに務める中国人のお住まいを探したことがありましたが、そんな彼も大学の同級生とシェアする必要がありました。場所はサウスケンジントンの一等地で、ナチュラルヒストリーミュージアムの真横にある、2DKだったと思います。大きさは80平米ぐらいあったと思いますが、住まいの状態はそうでもなく、イギリスの親戚のお婆ちゃんのお家みたいな伝統的で古い感じの印象でした。当時で月2100ポンドは結構安かったと思います。

 

 ロンドンの家賃は昔から高いんですと言う例で、よくシャーロック・ホームズの『緋色の研究』の話をすることがあります。『緋色の研究』はシリーズの最初の作品です。この小説はワトソン博士の一人称、日記調で書かれています。軍医だったワトソン博士はインドで負傷し、さらにインドの病院にいる間にチフスにかかってしまいます。結局イギリスに送還され、親戚や友人もいなかったので、当時は下水溜と言われた大都会のロンドンに当てもなく行ってみることになります。ストランド(繁華街ウェストエンドとビジネス街、シティの間にある)のホテルに泊まってニート生活をしていましたが、ホテル暮らしは費用が高くお金がつきて来ます。

 

 ある日病院で働いていた時の助手にたまたま酒場で会います。その知人に安い下宿はないかと聞いたら、病院の研究室にいる男が、いい部屋を見つけたが、自分一人で占領するには家賃が高すぎるのでシェアしてくれる人を探していました。この人物がホームズです。私立探偵であるホームズと、無職ではありましたが高学歴で経験もある医者のワトソン博士ですら当時からシェアするしか家賃物件が借りられないくらいロンドンの家賃相場が高かったのです。この賃貸したフラットがあの有名なベイカーストリートの221B番地で、現在シャーロック・ホームズ博物館になっています。こんな言い方をするとホームズが本当に生きていたみたいですけどね。ベイカーストリートは、隣接するマリルボーン駅にあり、ロンドン中心部の交通の起点でもあります。ただ先ほどあげたサウスケンジントンと比較すると高級住宅地ではないかもしれません。日本の方は便利で、リージェントパークにも近い便利なこの辺りにも住んでいます。

 

 

 ロンドン中心部で不動産の紹介をしていると車の渋滞に巻き込まれます。そうすると、どうしてもお客様と時間つぶしの話が必要なので、こんな感じの小ネタを仕込んでいます。こんな感じの話や、実際にロンドンで賃貸するに有用な情報をこれから伝えていきたいです。